주요 기사 바로가기

「バイデン大統領、駐日大使にエマニュエル氏指名」オバマ初代秘書室長を務めた大物政治家

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.12 06:47
0
ジョー・バイデン米国大統領が初代駐日米国大使としてラーム・エマニュエル前シカゴ市長(61)を指名したと現地メディアが報じた。

11日(現地時間)、AFT通信、フィナンシャル・タイムズ(FT)などは「ホワイトハウスに詳しい複数の関係者によると、バイデン大統領がエマニュエル氏を駐日米国大使として事実上内定した」と報じた。

エマニュエル氏はイスラエル移民者の子女であり、熱烈な民主党支持者として毒舌をはばからない人物で有名だ。彼はバラク・オバマ元大統領の初代秘書室長を務め、バイデン当時副大統領とも深い関係を結んだ。

2011年ホワイトハウスを離れた後には2019年までオバマ元大統領の政治的故郷であるシカゴで市長を歴任した大物政治家と評価される。

現地のメディアはバイデン行政府が中国を牽制する政策を基調としているだけに、エマニュエル氏の起用は日米関係の重要性を考慮した政治的意味が入っていると解釈した。AFP通信は「バイデン大統領がホワイトハウスに初めて招いた外国首脳が菅義偉首相ということから、日本を最も重要な同盟国と感じているという点を如実に見せる」と評価した。

一方、駐中米国大使には政治家でない専門外交官出身のニコラス・バーンズ元国務長官(65)が内定された。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP