주요 기사 바로가기

「娘同行できない東京五輪はNO」テニスの女帝ウィリアムズから日本選手まで

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.11 17:17
0
「テニスの女帝」セリーナ・ウィリアムズが7月に予定される東京五輪への参加を見合わせる可能性に言及した。新型コロナウイルスの状況が依然として深刻で、変異株の感染まで拡大しており、ウィリアムズのようなスポーツスターが相次いで五輪開催への懐疑論を出している。

ワシントン・ポストは11日、「ウィリアムズが娘を連れて行けないならば東京五輪に出場しないと明らかにした」と報道した。イタリアオープンに参加したウィリアムズは前日の記者会見で五輪への出場について問う取材陣に、「新型コロナウイルスについて考えることは多い。娘のいない24時間を過ごしたことはないという言葉で答えたい」と話した。

日本政府が新型コロナウイルスを理由に出場選手と同行できる人数を制限すると明らかにしただけに、ウィリアムズが事実上の不参加の意思を明らかにしたものと分析される。同紙は「海外のファンは新型コロナウイルスのため五輪を観戦できないだろう。選手らも最大限交流を避け公共交通を避けるよう勧告を受けた」と付け加えた。

最近日本内外で東京五輪に対する懸念が大きくなり自国選手まで強行を問題にし始めた。時事通信によると、女子テニス世界ランキング2位である大坂なおみ(24)は9日、「人々がリスクや大きな不安を感じるのなら、今されているように絶対に議論すべきだ」という立場を明らかにした。大坂はハイチ出身の父と日本人の母の間に生まれた日本国籍選手だ。

大坂は「私は選手だし、生涯待ち望んでいたようなものなので五輪は開催されてほしい」としながらも、この数年で予想できないことが広がっており五輪に対する議論が必要だと話した。APなど外信によると、大坂は東京五輪の有力な金メダル候補で、昨年AP通信の「今年の女性アスリート」などスポーツ全種目を通じて最高の選手に選ばれた人物だ。

世界ランキング45位の日本のテニス選手錦織圭(32)も同日、「死人が出てまでも行われることではない」と話した。彼は、五輪は100人ほどが出場するテニス大会とは違うとし、東京五輪組織委員会が外部と遮断できる「バブル」を作るというがどのような対策を考えているのかわからないと批判した。錦織はこれに先立ち昨年8月に米フロリダで新型コロナウイルスに感染した経験がある。

朝日新聞などによると、東京五輪組織委員会などは五輪期間に順守すべき行動規範(プレーブック)を先月末に発表した。行動規範によると、選手らは日本入国96時間前に2回新型コロナウイルス検査を受けて陰性判定を受けなければならず、日本入国後には毎日検査を受けなければならない。また、試合会場と練習場、宿泊施設にだけ出入りでき、専用車両だけで移動できる。試合会場の観客規模などは来月に決定される。これに対し同紙は、選手団だけで1万人を超える状況でこうした対応は容易ではなさそうだと批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「娘同行できない東京五輪はNO」テニスの女帝ウィリアムズから日本選手まで

    2021.05.11 17:17
    뉴스 메뉴 보기
    中央フォト
    TOP