주요 기사 바로가기

ハッキングに友はなし…中国、ロシア潜水艦技術奪取疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.11 13:19
0
ロシアの海軍潜水艦を専門的に設計する会社が最近ハッキングにあった。誰がハッキングしたのだろうか。このハッキングの背後勢力に、米国に対抗するためにロシアと手を握っている中国が挙がっている。

サイバーセキュリティー会社サイバーリーズンによると、ロシアのルビーン設計局を対象にしたハッキング攻撃が発生した。ロシア帝国時代の1901年に設立されたルビーン設計局はボレイ型原子力戦略潜水艦(SSBN)、ヤーセン型誘導ミサイル原子力潜水艦(SSGN)、ポセイドン原子力水中ドローン(UUV)などを設計した国営企業。

ハッキング攻撃の時点と被害についてはほとんど明らかにされていない。ところがサイバーリーズンは同社のイゴール・ビルニト局長あてに送られたメールのRTF文書添付ファイルがマルウェアに感染し、これは典型的なスピアフィッシング手法のハッキングだと分析した。スピアフィッシングは特定の対象を狙ったハッキング攻撃。

サイバーリーズンはハッキングの主体に言及していないが、RTF文書添付ファイルを利用したハッキング手法は中国と関連性あると明示した。ハッキングの道具が中国政府が背後と推定されるハッカー集団の専売特許と同じということだ。

中国とロシアは連合軍事訓練を実施しながら軍事交流を強化している。米国主導の世界秩序に反対するという声を出すためだ。

しかし中国は戦略的協力関係のロシアを相手に各種技術を盗み出すという指摘を受けている。2019年12月、ロシア国営企業集団ロステックの知的財産権担当者は「中国は過去17年間に500件の軍事技術を不法に盗んだ」と話した。オンライン軍事専門メディアのウォーゾーンは「中国は潜水艦艦隊を育成するのに力を注いでいて、ロシアの進んだ技術に目を向けている」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ハッキングに友はなし…中国、ロシア潜水艦技術奪取疑惑

    2021.05.11 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    2005年8月1日、中国東海艦隊の潜水艦が中国軍創設78周年記念行事の一環として、東シナ海で実施された軍事訓練に参加している。 [写真 中央フォト]
    TOP