주요 기사 바로가기

韓国の元野党代表「米国にはワクチンがあり余っているのに…21世紀版『キブ・ミー・チョコレート』が悲しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.10 15:07
0
韓国の未来統合党(野党「国民の力」の前身)の元代表である黄教安(ファン・ギョアン)氏が「米国には新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンに余裕がある。言葉どおり積み上げられている」とし「21世紀版『キブ・ミー・チョコレート』が本当に悲しい」と明らかにした。

米国シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の招待でワシントンDCに滞在している黄氏は10日、フェイスブックを通じて教会に用意されていたワクチン接種所の風景を伝えながら「その様子がとても異質だったのでしばらく目が釘付けになった」とした。

続いて「むしろ現地ではそのような私を不思議に見る雰囲気」とし「ある在米同胞から『韓国は何が問題か』と聞かれたが、何も言えなくてはははと笑うしかなかった」と付け加えた。

黄氏は「言葉どおり教会でさえワクチンが有り余っている。各地にある接種区域で15分以内なら無料で注射を打つことができる」とし「急速にコロナの陰を消していく様子がうらやましくもあり不思議でもあり、しばらく見つめていた。本当に残念な気持ちになった」と綴った。

あわせて「政府がうまくいくよう促し、私は私なりにいま米当局やワクチン関連者と緊密に努力している」とし「大韓民国の暮らしが元通りになることを願う。そうできるように最善を尽くす」と締めくくった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の元野党代表「米国にはワクチンがあり余っているのに…21世紀版『キブ・ミー・チョコレート』が悲しい」

    2021.05.10 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    黄教安元未来統合党代表。オ・ジョンテク記者
    TOP