주요 기사 바로가기

韓経:米国「われわれが先」…台湾に半導体供給圧迫

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.06 08:54
0
半導体供給難を打開しようとする米国が台湾企業に対する圧力を高めている。世界最大のファウンドリー(半導体受託生産)企業である台湾TSMCは米アリゾナ州に作ることにした工場をさらに増やすことにしたと伝えられた。

ブルームバーグが4日に伝えたところによると、レモンド米商務長官は経済団体アメリカ協議会とのオンライン懇談会で、「TSMCをはじめとする台湾の半導体メーカーが米国の自動車メーカーに優先的に供給できないかいろいろ調べている」と明らかにした。その上で「1日も圧迫していない日はない」と述べた。

新型コロナウイルスで直撃弾を受けた景気がいち早く回復し米国をはじめ世界の自動車メーカーが深刻な車載用半導体供給難を体験している。米国の代表的な自動車メーカーのフォードが4-6月期の生産量を半分に減らすと明らかにするなど、自動車メーカーの打撃が続いている。こうした状況からTSMCなど台湾企業を対象に米国政府が強い圧迫に出たのだ。

米国は中国との覇権競争の中で独自の半導体供給網確保にも心血を注いでいる。レモンド長官は「現在米国の最先端半導体生産率は0%だが、今後需要に合わせるにはこの割合を30%まで引き上げなければならない」と強調した。

こうした中、ロイター通信はこの日複数の消息筋の話として「TSMCがアリゾナ州に新設しようとしていた工場を当初の1カ所から複数に増やすことに決めた」と報道した。ロイターはTSMCが内部的に工場を最大6カ所まで作る案を計画していると伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP