주요 기사 바로가기

フィリピン外相「うせろ」ツイートに中国側「礼儀守れ」…比-中の険悪な舌戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.05 15:09
0
南シナ海の暗礁をめぐる中国とフィリピンの領有権紛争がフィリピン外相と中国外交部報道官の間の険悪な罵倒非難戦につながった。

フィリピンのテオドロ・ロクシン外相は今月3日、「中国、うせろ(F**K OUT)」とする激しい暴言をツイートした。ロクシン外相は翌日ツイッターで中国の王毅外交部長に謝った。中国外交部の報道官が「基本的な礼儀と身分に相応する態度で話せ」と明らかにした直後だ。

3日、フィリピン外交部は中国海洋警察隊の艦艇がスカボロー礁(中国名・黄岩島)海域を巡回査察したことに対し、強力な抗議声明を発表した。続いて普段一日数十件の直接発言をツイッターで流すロクシン外相がこの日、「私の友、中国よ。どうすれば丁寧に言えるだろうか。そうだな、うせやがれ(GET THE F**K OUT)」と書いた。続いて「われわれの友情に何をしているのか。こちらは努力している、お前は友達になりたいと思っているハンサムな男に関心を注ぐ醜悪なうすのろだ」と非難の程度を高めた。

ロクシン外相の非難は今年3月中旬、フィリピン海岸警備隊が約220余隻の中国船舶がスカボロー礁西南側のウィットサン礁(Whitsun Reef、中国名・牛軛礁)に停泊した写真を公開して始まったウィットサン攻防戦の一環だ。ウィットサン礁はフィリピン排他的経済水域(EEZ)に含まれる海域に位置する。写真の中の船舶は魚を取っている様子ではない。船員は「海上民兵」だという。中国外交部は当時「牛軛(ウィットサン)は南沙群島の一部分であり、波で中国の一部漁船が牛軛付近で風を避けて身を守った。非常に正常」と明らかにした。在フィリピン中国大使館も中国の海上民兵船ではないとして否定した。

ロクシン外相がツイートした3日、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はテレビに出演して「中国は今も変わらず私たちの恩人、中国との衝突が必ずしも私たちが無礼に他人を尊重するなという意味ではない」とし、中国を肩を持ったとCNNが報じた。

中国外交部の汪文斌報道官も休日である4日、記者の質問に答える形で「黄岩島は中国の領土であり、付近の海域は中国の管轄海域」としながら「フィリピンが中国の主権と管轄権を尊重し、状況を複雑にさせるような措置を中断せよ」と要求した。続いて「『マイク外交』は事実を変えることはできず、相互信頼だけ破壊するという事実が改めて証明された」とし「フィリピン関連要人は発言する時に基本的な礼儀と身分に相応する態度を取るように」とロクシン外相のツイッター発言を非難した。

大統領の発言に負担を感じたロクシン外相は4日夜ツイッターを通じて謝罪を表示した。「王毅氏の感情を傷つけてしまったことは申し訳ない」としながらだ。ただ「王毅部長にのみ」としながら「他の人は含まれない」と強調した。ロクシン外相は同じツイッターに「王毅氏は私の外交の偶像〔彼と私の偶像はラブロフ氏(ロシア外相)〕」としながら「マイク・ポンペオ氏も付け加える。ブリンケン氏は自分の力で浮上している」と付け加えた。

一方、海上衛生写真を掲載したツイッター「OSINT-1」は5日、ウィットサン礁から退いた中国「漁船」が近隣のユニオン堆に依然として残っているとして写真を共に掲載した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    フィリピン外相「うせろ」ツイートに中国側「礼儀守れ」…比-中の険悪な舌戦

    2021.05.05 15:09
    뉴스 메뉴 보기
    ツイッター「OSINT-1」が5日に投稿したフィリピン海域ウィットン暗礁の中国「漁船」の衛星写真。[写真 ツイッター キャプチャー]
    TOP