주요 기사 바로가기

ベゾス氏は慰謝料356億ドル、資産1240億ドルのビル・ゲイツ氏は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.05 08:17
0
ビル・ゲイツ氏と妻のメリンダ・ゲイツ氏がツイッターに共同名義で発表した共同声明には離婚(divorce)という言葉はない。2人は代わりに「私たちは結婚生活を終えることを決定した」という表現を選択した。この表現には離婚が長い熟考の結果であり、浮気などが理由ではないという主張が込められている。

決別の兆候はあった。メリンダ氏が自身の結婚前の姓フレンチ(French)を付けて「メリンダ・フレンチ・ゲイツ」と自身を名乗り始めたからだ。ツイッターでもメリンダ・フレンチ・ゲイツだ。「模範夫婦」として知られた2人の不和は何度か表れていたと、海外メディアは伝えた。ロイター通信は「メリンダ氏がゲイツ氏の影から抜け出すための長い旅程の末、離婚を決心した」と伝えた。

メリンダ氏は過去のインタビューで、2013年、夫の名義で送ってきた財団の毎年の書簡を共同名義で作成しようと提案した後、激しく口論したことを明らかにした。当時、ゲイツ氏は「なぜ変えるのか理解できない」とし、メリンダ氏は彼を説得する過程で「私たちがお互いを殺すこともあり得ると考えた」と話した。

億万長者の夫婦の結婚生活も仕事と生活のバランスを保つための闘争だった。3人の子どもが18-25歳に成長したが、過去27年間、育児・家事の分担はいつも課題だった。ガーディアンは「ゲイツ氏が一日16時間も仕事をし、家族のための時間を持たず、メリンダ氏が大変な時間を過ごした」と伝えた。メリンダ氏は著書で「結婚生活を続けることができた最も大きな要素は忍耐心だった」とし「コンピューター工学を専攻し、周囲に変わり者の友人が多かった点が役に立った」とユーモアを見せた。

ゲイツ夫妻はお互いに良い影響力を行使する模範のように考えられてきた。ゲイツ氏は業界では「攻撃的で残忍な事業方式」(ロイター通信)で悪名高かった。しかし1994年にメリンダ氏と結婚し、慈善家のイメージを強めた。

経済誌フォーブスによると、ゲイツ氏の資産は1240億ドルと推定される。結婚生活が27年間と長く、企業と財団を共に成長させたという点でメリンダ氏が受ける慰謝料は巨額になると推定される。

メリンダ氏も相当な資産家だ。フォーブスが選定する全世界パワー女性で5位だった。メリンダ氏は最近、男女給与平等および開発途上国の少女の教育に力を注いできたと、ABC放送は伝えた。

メリンダ氏は昨年、アマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏と離婚したマッケンジー・スコット氏と組んで3000万ドル規模の財団を設立した。財団の目的は男女の平等な給与を実現することだ。メリンダ氏は2019年のインタビューで「私とビルは同等なパートナー」とし「女性と男性は平等」と強調した。

フォーブスは3日、慰謝料の規模が最も大きい5件の離婚事例を紹介し、「ゲイツ夫妻が順位を変えるかもしれない」と伝えた。現在1位はベゾス氏とスコット氏で慰謝料は356億ドルだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベゾス氏は慰謝料356億ドル、資産1240億ドルのビル・ゲイツ氏は?

    2021.05.05 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    ビル・ゲイツ氏
    TOP