주요 기사 바로가기

韓国のコロナ変異株感染率15%に…蔚山では感染者のうち60%超

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.05 07:48
0
韓国新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)変異株ウイルスが尋常ではない拡大傾向を見せている。当局は、既存の新型コロナよりも伝播力がさらに強いと言われている主要変異株3種(英国・南アフリカ共和国・ブラジル変異株)に感染した人が累積1500人になると推算されると明らかにした。特に南部の蔚山(ウルサン)では最近感染者10人のうち6人の割合で変異株に感染したことが確認され、変異株が優勢種としての位置を確立するのではないかという懸念の声も聞かれる。

4日、韓国疾病管理庁中央防疫対策本部(中央防疫対策本部)によると、この日午前0時基準で主要変異株3種の感染者が97人追加で報告された。累積変異株感染者は632人に増加した。英国変異株551人、南アフリカ変異株71人、ブラジル変異株10人で、9割で英国変異株が検出された。英国変異株に対して、中央防疫対策本部のパク・ヨンジュン疫学調査チーム長は「伝播力が多くて50%まで上昇するという研究がある」とし「それでもワクチンの効果は有効だと判断する」と話した。

実験室で全ゲノムシーケンス解析を通じて確認された場合の以外にも、疫学的に関連した事例867人まで合わせると、韓国の主要変異株3種の感染者は1499人になると当局は明らかにした。カリフォルニア変異株(416人)、インド変異株(33人)など、その他変異株ウイルス感染者473人まで含めば変異株感染者は1972人に達する。

当局は変異株の監視のために最近、遺伝子分析を拡大してきた。中央防疫対策本部によると、海外では通常感染者に対して5%程度を分析するが、韓国は先週基準で14.4%(国内13.5%、入国者34.2%)を分析した。検出率は14.8%で、10人に1人の割合で変異株が検出されている。

特に最近、蔚山地域は緊急事態に陥った。当局が最近6週間蔚山地域の感染者80人を分析した結果、51人に英国変異株が確認され、変異株の検出率が63.8%を記録した。さらに懸念の恐れがあるのは、蔚山の変異株拡大は海外流入事例とは関連のない地域社会感染である点だ。同市のヨ・テイク市民健康課長は「2月に地域で変異株ウイルス検出が初めて確認された『釜山(プサン)葬儀場-蔚山ゴルフ練習場』集団感染(クラスター)を起点に広がったとみている」と話した。先月27日午前0時基準、韓国内の集団発病事例のうち変異株感染が確認されたケースは合計50件だったが、このうち蔚山地域事例は11件だった。パク・ヨンジュン氏は「隠れた感染者や感染経路を調査中の事例が累積していてかなりの比重を占めるとみられる」と話した。

嘉泉(カチョン)大学吉(キル)病院予防医学科のチョン・ジェフン教授は「ウイルスは生存のために絶えず変異を起こしているが、伝播のはやい変異株が優勢種として位置を確立するのは当然の現象」としながら「韓国は今までそれでもよく防いでいるほうだが、蔚山を起点に英国変異株が優勢種になる可能性がある」と指摘した。当局は現在、蔚山地域に対して▼海外入国者の管理▼ウイルスの監視▼接触者の管理--など3つの側面から強化措置を講じていると明らかにした。

一方、上半期までに1300万人にワクチンを接種するという韓国政府の新たな計画により、6月までの残り2カ月間に950万人余りにワクチンを接種しなければならないが、過負荷を懸念する声が出ている。

4日、新型コロナ予防接種対応推進団によると、この日午前0時基準の累積1次接種者は346万6908人だ。上半期1300万人の目標に合わせるには残った57日間に約953万3000人に接種しなければならない。単純計算すると一日約17万人の割合で注射をしなければならないということだ。

特に今月末までは1次接種の進行が遅く、翌月からペースが上がり始め、大規模人員が集中的に接種するのは6月の一月間になるものとみられる。

接種人員が特定期間に集中する場合、ややもすると過負荷がかかることが恐れがあるとの懸念も提起されている。特に異常反応の申告などが集中し、混乱がより増すというのが専門家の言葉だ。

翰林(ハンリム)大学聖心(ソンシム)病院呼吸器内科の鄭ギ碩(チョン・ギソク)教授は「予診する医師や注射を打つ看護師は充分か、応急救助システムは整っているか、急病患者が一度に3人発生した場合どのように対応するか、観察室が満室になった場合は距離確保もできなくなるがどうするかなど、すべての場合に対して最悪のケースを設定し、そこに合う対策を用意しなければならない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のコロナ変異株感染率15%に…蔚山では感染者のうち60%超

    2021.05.05 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP