주요 기사 바로가기

「ワクチンを2回打ったのになぜ」…「打ち抜き感染」米国で5800件

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.28 07:21
0
昨年、ファイザー-バイオンテックが開発したワクチンの2回目の接種を終えた米国ウェストバージニア州タンパ地域の小児科医師ロビン・ハウザーさんは2月新型肺炎に感染した。ワクチン接種を終えて7週間が過ぎた時点だった。

ハウザーさんはワシントンポスト(WP)とのインタビューで「最初は『どうしたのだろう』と思ったし、今は周りの人に『ワクチン接種を終えても油断するな』と助言している」と話した。

米国でワクチンを2回接種した後にも新型肺炎ウイルスに感染する事例が発生しているとWPが27日(現地時間)、報じた。ワクチンの予防効果が100%ではないため、ワクチン接種を終えても感染する、いわゆる「打ち抜き感染(breakthrough infection)」事例が接種者の増加とともに発生している。

疾病予防管理センター(CDC)によると、ファイザー製とモデルナ製など米国生産のワクチンを2回接種して2週間が過ぎた後に感染した人の数は5800人を超えた。まだ1回だけ接種したり、2回目の接種後にも2週間が過ぎていない時点に感染したりした事例は数万件に達するとWPは伝えた。

彼らの中で29%は症状がないと報告した。重症発現の事例もあった。感染者の中で7%は入院し、1.3%に当たる74人は死亡した。

CDCは接種を完了して2週間が過ぎた後、新型肺炎にかかった場合を打ち抜き事例と定義する。ファイザーとモデルナ側の臨床試験結果によると、有効率はワクチンを接種して2週間にわたって形成される。ファイザー製とモデルナ製ワクチンはいずれも最初の接種後2週間が過ぎた後から80%の有効率が、2回目の接種を終えて2週間後に90%以上の有効率が現れる。

モデルナのコリン報道官は「最新の臨床データによると、ワクチン接種後900人が新型肺炎にかかり、これはワクチンの効能が90%ということに合致する」と話した。

25日基準で米国人口の42.2%(約1億4000万人)が1回目の接種を、28.5%(約9500万人)が2回目の接種を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ワクチンを2回打ったのになぜ」…「打ち抜き感染」米国で5800件

    2021.04.28 07:21
    뉴스 메뉴 보기
    ファイザーのワクチン
    TOP