주요 기사 바로가기

韓国軍の粗末給食論争…「食事のせいで悲しみを感じる青年兵士たち」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.23 09:37
0
最近、休暇後に隔離されている兵士だと主張した青年が投稿した粗末な弁当の写真が発端となり、オンライン掲示板などで「軍隊粗末給食」論争が起きている。こうした中、野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は給食指針違反を調査するよう国防部に要求した。

河議員は22日、SNSに「食事のせいで悲しみを感じなければならない青年兵士」と主張した。

河議員は「軍が兵士の志気向上どころか、かえって志気を落としている」とし「コロナ(新型コロナウイルス感染症)のために『休暇後隔離』という国防部の指針を守る青年兵士たちの食事の内容を見て呆れ返る。給食の質はとにかく、『1食4菜』の基本指針も守られておらず、その量も非常に十分ではない」と指摘した。

河議員は陸軍の2021年給食運営指針を説明し、「全ての兵士に1日3食に4菜(4種類のおかず)の提供を基本とするものの、隔離兵士には▼未予測隔離者の発生で副食が不足する場合には自律運営副食費を活用した給食の提供▼軍外の給食費を使って弁当の購入・提供、となっている」と明らかにした。

続いて「必要ならお金を追加で使っても十分な給食を提供しなければならないということ」としながら「兵士たちがSNSに給食写真を投稿するというのはよほどのことだ。休暇を終えた子息を軍に送りかえした親はどんな気持ちだろうか」と指摘した。

河議員は「青年兵士が国防の主力だ、それでも非常に基本的な『食事』のために青年兵士の志気を落とすなら、強い国防は絶対に作り上げることはできない」とし「国防部は議論になった部隊を含めて全部隊を対象に給食指針に違反をしていないか調査を実施するとともに、関連指揮官には厳重措置を取らなければならないだろう」と指摘した。

最近、フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」等のSNSでは、兵士が給食写真を掲示して問題を提起している。ある投稿者は「特殊戦司令部配下部隊の隔離食事」とし「メインのおかずおよび汁物なし」としながら給食写真を掲示した。

他にも「『パン食』がメニューだったが、ハンバーガーパンを60個だけをくれた」とし「炊事兵が一つひとつ袋を開けて半分に割って120個を作る」と伝えた。

給食論争が大きくなると、軍で情報提供などを取り締まっているという主張も出てきた。これについて「配食事件が起きた後、全ての兵士を集合させてカメラを検査している」とし「幹部は、こういうことを情報提供すればお前たちだけが嫌な思いをする、と言う」と伝えた者もいた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国軍の粗末給食論争…「食事のせいで悲しみを感じる青年兵士たち」

    2021.04.23 09:37
    뉴스 메뉴 보기
    論争の発端となった弁当の写真[写真 フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」キャプチャー]
    TOP