주요 기사 바로가기

「文政権、権力の度を越した」米議会公聴会で対北ビラ禁止法を乱打

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.16 09:44
0
米国議会の超党派的な機構「トム・ラントス人権委員会(人権委)」は15日(現地時間)、韓国の対北朝鮮ビラ禁止法に対するテレビ公聴会を開催した。

今回の公聴会は保守派のクリス・スミス共和党下院議員の主導で行われた。

約2時間20分間続いた公聴会では対北ビラ禁止法が表現の自由を侵害し、北朝鮮の人権に否定的影響を与えるという見方が優勢だった。対北ビラ禁止法の副作用を指摘する反論もあった。

人権委共同委員長を務めるジェームズ・マクガバン民主党下院議員は表現の自由侵害という人権団体の主張を紹介し、韓国政府の対応努力を評価しながらも「私は個人的に国会がその法の修正を決めることを希望する」と話した。

スミス議員は国会で圧倒的多数席を占めた文在寅(ムン・ジェイン)政府が権力の度を越し、表現の自由を制約する方法を通過させたのはもちろん、北朝鮮問題に関与してきた市民社会団体を困らせるために検察権力を政治化したという趣旨で非難した。

韓国系のヤング・キム共和党下院議員は「韓米両国は表現の自由を沈黙させて不要な譲歩で北朝鮮の悪い行動を補償することはできない」と指摘した。

証人に出た米国の保守論客ゴードン・チャン氏は「自由、民主主義の概念まで韓国で攻撃されている」と批判した。また「文大統領は韓国の外交政策を中国および北朝鮮の外交政策と並行しており、すでに韓国で民権を弱めている」と主張した。彼は対北ビラ禁止法に対しては「度を越した」と付け加えた。

イ・インホ元駐ロシア大使は「民主主義の手続き的規範は廃棄され、これは安全保障や政治、経済、社会的方向からの予期せぬ打撃に対する恐れを増加させる」と話した。

米国クインシー研究所のジェシカ・リー上級研究員は対北ビラ禁止法を歴史的流れから見るべきだと指摘した。該当法を擁護する境界地域の住民や法案目的に対する国会の公開討論も注目すべきだということだった。

チョン・スミ弁護士はビラを見せながら「ビラのせいで北朝鮮にある家族が危険に直面したと泣き叫ぶ脱北者がしばしばいる。人権の改善でなく苦痛が加重された」と話した。また、「北朝鮮はすでに外部世界に対する多様な情報に接近している」と北朝鮮向けビラの効果に疑問を提起した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「文政権、権力の度を越した」米議会公聴会で対北ビラ禁止法を乱打

    2021.04.16 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    脱北者団体が先月31日に京畿道金浦で「新しい戦略核兵器を撃つという金正恩」という見出しの対北朝鮮ビラ50万枚を散布している。[写真 自由北朝鮮運動連合]
    TOP