주요 기사 바로가기

韓国経済副首相が駐韓日本大使と面会…「韓日の協力が重要」

ⓒ 中央日報日本語版2021.04.08 09:51
0
韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官が7日、政府ソウル庁舎で相星孝一駐韓日本大使に会い、「包括的・漸進的環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など多国間の通商分野で両国が協力する必要性がある」と明らかにした。

洪副首相は「韓国・日本経済は相互補完性と依存性が高く、新型コロナ危機による経済構造急変に迅速に対応する必要がある」とし「近隣の韓国と日本が協力することが非常に重要だ」と述べた。

続いて「今年7月の開催で進められている東京オリンピック(五輪)が、新型コロナで多くの困難を経験した全世界の人々に大きな希望と喜びを与えることを期待する」とし「韓国政府も開催の成功に向けて協力する」と話した。

相星大使は「新型コロナ状況が収まれば、韓日間のスポーツおよび人的交流などに進展があると期待する」とし「気候変動、少子高齢化問題は韓国と日本の建設的な協力が可能な分野であり、日本政府の力点課題として、今後、意見および情報交換など協力ができるはず」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国経済副首相が駐韓日本大使と面会…「韓日の協力が重要」

    2021.04.08 09:51
    뉴스 메뉴 보기
    7日午後、ソウル光化門の政府ソウル庁舎で、面談の前にあいさつをする洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官(左)と相星孝一駐韓日本大使。 写真=企画財政部提供
    TOP