주요 기사 바로가기

<ソウル・釜山市長選>LH・不公正・不動産失政に怒り、背を向けた20・30代

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.08 07:44
0
2018年6月のソウル市長選挙当時、ソウル25区のうち3区だけで勝利した保守野党(自由韓国党+正しい未来党)。しかし今回の補欠選挙で保守系最大野党・国民の力の呉世勲(オ・セフン)ソウル市長候補は25区のうち24区で、進歩系与党・共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)候補を上回り、当選が確実視される(8日0時45分基準、開票率66.5%)。民主党が主張したいわゆる「シャイ進歩」(隠れた民主党支持層)はなかったということだ。0時45分現在、呉候補は57.1%の得票率で、39.7%の朴候補を17.4ポイント差でリードしている。

2018年の第7回地方選挙当時、民主党候補だった故朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長は52.8%の得票率で当選したが、当時の野党候補(金文洙+安哲秀)の得票率の合計(42.9%)より9.9ポイント高かった。当時の地方選挙で民主党はソウルの25区長のうち瑞草(ソチョ)区を除いた24区で勝利した。ソウル市議会110議席のうち102議席を民主党が獲得した。昨年4月の総選挙でも民主党はソウル49選挙区のうち41選挙区で当選者を出したが、当時、民主党の選挙区平均得票率は54.2%、国民の力は42.7%だった。

しかし今回は違った。保守陣営が伝統的に強い江南(カンナム)の3区(瑞草区・江南区・松坡区)では、呉候補が朴候補にそれぞれ30ポイント以上の差をつけた。瑞草・江南・松坡は投票率でも64.0%、61.1%、61.0%と、1、2、3位となった。ソウル地域の投票率58.2%を上回る。公示地価上昇など文在寅(ムン・ジェイン)政権の不動産政策に対する反感がそのまま表出したという分析だ。

釜山(プサン)市長選の差はソウル市長選よりも大きい。0時45分現在、朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)国民の力候補は63.0%の得票率で、34.1%の金栄春(キム・ヨンチュン)民主党候補に28.9ポイントの差をつけ、当選を決めた(開票率93.1%)。2018年の地方選挙では民主党候補だった呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長が釜山16区全域で50%以上を得票して当選したが、今回の選挙では朴候補が全16区で上回った。

特に野党候補の圧勝にはLH(韓国土地住宅公社)職員の投機、不公正、不動産失政に怒った20・30代の反乱が大きく作用したという分析だ。投票終了後に発表された地上波3波の出口調査で、呉候補は20代(19-29歳)が55.3%、30代が56.5%の得票率となり、20代が34.1%、30代が38.7%の朴候補を2けた以上の差でリードした。特に20代男性の呉候補の支持率は72.5%と、60歳以上男性の支持率(70.2%)より2.3ポイント高かった。30代男性の呉候補支持率も63.8%にのぼった。昨年4月の総選挙で未来統合党(現国民の力)の20代の支持率は32.0%、30代は29.7%だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP