주요 기사 바로가기

「SLBM用バージ船、北朝鮮の新浦造船所でまた怪しい動き」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.07 17:58
0
北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)開発の核心施設である咸鏡南道(ハムギョンナムド)の新浦(シンポ)造船所で動きが見られている。米国の北朝鮮研究機関が6日、SLBM試験発射に使うバージ船の動きを相次いで捉えた。2日に米国で韓米日の安保室長が集まり北朝鮮の核・ミサイルを糾弾してから4日ぶりだ。

米戦略国際問題研究所(CSIS)の北朝鮮関連サイト「ビヨンドパラレル」は、人工衛星写真を根拠に新浦造船所のバージ船が停泊場を離れてメーン組み立て棟の前のフローティングドックに移動したと明らかにした。このバージ船は北朝鮮のSLBMである北極星系列ミサイルの試験発射に使われた。CSISはこうした動向について、予定されたSLBM試験発射に向けた準備である可能性、バージ船の整備・補修または、新規装備の設置である可能性と関連付けた。

バージ船にミサイル発射管(キャニスター)が載せられていないことを根拠に、SLBM試験発射が差し迫ったという兆候ではないと説明した。

北朝鮮の核・ミサイルに詳しい米ミドルベリー国際研究所のジェフリー・ルイス非拡散研究センター所長はブログメディアの「アームズ・コントロール・ワンク」で同様の事実を伝え、新たな装備アップグレードに向けた点検の可能性にウエイトを置いた。ルイス所長は「SLBM試験発射と関連した可能性は小さい」と話した。

北朝鮮情報分析サイトの「38ノース」もバージ船の動きについて、「目的は不明だ」としながらも、「バージ船は試験発射時以外には外部から見られなかった」と分析した。だがこのメディアは「現在建造中である新型SLBM潜水艦のためにスペースを作ったり、バージ船を補修しようとしているのかも知れない」と説明した。

これに先立ち38ノースは先月24日に新浦造船所でフローティングドックが潜水艦進水施設の横に移動したとし、異例だと評価した。当時38ノースは「近く新しいSLBM潜水艦を進水するための準備の可能性がある」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP