주요 기사 바로가기

【コラム】真朴鑑別師と親文候補論=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.07 16:00
0
安養(アンヤン)刑務所に収監中の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の近況を聞いた。精神的に安定しないのは当然だが、最近は健康も良くないという。食事が口に合わないのか体重が減って全身がやせたが、顔だけがむくむ症状のため病院の治療を受けている。腎臓の機能に問題があると予想される状況だ。ところが刑務所と外部の病院を行き来する状況と治療に不便な点が多いという。診察を受けてから1カ月以上も待ってこそ関連の検査を受けることができる日程のため、まだ病名も特定できていないという話も聞こえる。側近は「過去とは違い病院側が李元大統領の事情を少しも配慮しないため、高齢の元大統領はかなり苦しんでいる」と伝えた。政権を意識するしかなく、誰にも特恵なく原則を守らなければいけない病院の立場も理解できる。礼遇をすべて剥奪された80歳の元大統領の事情まで考慮するのは容易でないだろう。

しかし同じ現実で180度異なる問題もあった。野党議員は大統領の孫の病院特恵診療疑惑を提起し、大統領の娘はこの議員を告訴した。大統領の孫に対する病院側の特恵はなかったと信じるが、こうした問題を眺めながら李元大統領は自身の状況を強く実感したはずだ。「権力無償」という表現だけでは十分でない、非情で残忍な権力の属性のことだ。

権力の非情は多くの逆説とアイロニーも生み出している。いわゆる「積弊捜査」で李明博元大統領と朴槿恵(パク・クネ)前大統領を監獄に送った、「保守の時代」に終止符を打った尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が現在、保守層の圧倒的な支持を受けている。李元大統領と朴前大統領を輩出した保守の心臓のTK(大邱・慶北)は尹前総長の牙城になりつつある。李元大統領の青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)参謀を務めた政治家さえもためらわず「尹錫悦大統領づくりに力を注ぐ」と話す。敵の敵は味方であり、現政権を倒すためには過去の敵とも手を握るという心情であるようだ。わらをもつかむという怒りで保守勢力は復讐の刀を研いでいる。

一方、権力の味を知った与党は追われる立場だ。この人たちは一度握った権力を逃した時にどんなことが起きるかを非常によく知っている。

「朝鮮第22代王の正祖が死去した1800年からの220年間、金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の執権10年を除いては改革勢力が執権したことはない。偏向性に対する復元を図るには20年は着実に執権しなければいけない」「今後、民主党が大統領10人をさらに当選させるべき」という李海チャン(イ・ヘチャン)元代表発の「20年執権論」「50年執権論」もこうした危機感の表れだ。20年、50年どころか、わずか4年にすぎないが、政権を逃した瞬間に崖っぷちに立つことは彼らも李元大統領ほどよく知っている。

特にソウル・釜山(プサン)市長補欠選挙の成績表を待つ「親文(在寅)」勢力の動きが尋常でない。回顧録を執筆中と話していた李海チャン元代表も選挙を控えてすでにリングに再登場した。党内では「李在明(イ・ジェミョン)や李洛淵(イ・ナギョン)の代わりに文在寅大統領に最後まで忠誠をつくす本物の親文派大統領候補を擁立する」という、いわゆる「親文第3候補論」に火がつく状況だ。丁世均(チョン・セギュン)首相と金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事が「予備候補群」に挙がると、「制度圏の政界を離れて元の場所に戻る。今後の時間はまた統一運動にまい進したい」として政界引退を示唆した人物の名前も言及されている。

国民とは異なる現実を生きているのだろうか。大統領支持率は30%序盤まで落ち、4年間蓄積した国政運営の荷物は補欠選挙世論調査数値にそのまま反映されている。こうした状況で出てくる「親文第3候補論」に拍手をして共感する人はどれほどいるだろうか。

似た状況を5年ほど前に見たことがある。2016年の総選挙を控えて、いわゆる「真朴(真の親朴槿恵派)鑑別師」という腕章をつけた人たちがあたかも閻魔のように恐ろしい顔で登場した。自分たちはすべて正しく、他の人々はすべて間違っているという鳥肌が立つような二分法だった。同年の選挙結果はどうだったのか、彼らが王のように迎えた人物と彼らの前にどんな運命が待ち受けていたかは改めて言うまでもない。5年前の「真朴鑑別師」と今の「親文第3候補論」を貫通する何かが明確にある。

歴史は結局繰り返され、人々は同じ失敗を繰り返すという言葉が、最近のように恐ろしく感じられたことはない。

ソ・スンウク/政治チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】真朴鑑別師と親文候補論=韓国

    2021.04.07 16:00
    뉴스 메뉴 보기
    写真=西小門フォーラム
    TOP