주요 기사 바로가기

【時視各角】「安米経中」の有効期限は過ぎた=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.06 11:07
0
プロ棋士の中には時々、マネ碁を愛用する人がいる。対局の序盤、相手が打つ石の点対称の位置に打ち、布石が終わる頃にマネをやめて自分の戦術に転換するという戦法だ。先週末に中国・廈門で開かれた韓中外相会談の結果を見ながらマネ碁を思い出した。外交・国防の2プラス2協議を開くことにした点、5Gなど先端技術協力を構築しようとした点などが多分に韓米間のアジェンダに正面から対抗する戦略と見えたからだ。実際、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)安保室長の訪米の時期に合わせて外交長官を中国に招いた点からそうだ。こうした形の対抗はしばらく続くと予想される。文在寅(ムン・ジェイン)大統領がバイデン大統領と電話会談をすれば、習近平主席も受話器を握り、対面会談日まで決めることになれば、いかなる形であれ韓中首脳会談カードが本格化するだろう。

現在の米中間の対局は、お互い陣地を構築して勢力を整える布石前の段階だ。遠からず布石が終わり、中原での戦闘が始まれば、綱渡りをしながら機械的均衡を維持するという韓国の戦略は至難の業になるだろう。最後まで状況を眺め、勝者が決定すればその時に選択すればよいという考えも極めて安易な発想だ。

先週末にワシントンと厦門で開催された韓日米安保担当高官協議と韓中会談の結果は、こうした事実をはっきりと悟らせてくれた。貿易戦争で始まった米中衝突は韓国の主要産業と関連する科学技術分野に戦線が拡大している。米国は同盟国と共に半導体サプライチェーンを再編し、中国に圧力を加えようとする。中国は中国で韓国との5G・人工知能・ビッグデータ分野の技術協力意志を表した。米国中心の半導体サプライチェーン編成を牽制したのだ。もう米中の衝突は政府だけに迫っているのではない。サムスン電子がホワイトハウスで開かれる半導体サプライチェーン関連会議に呼ばれた。短期的には車載用半導体不足現象が生じている米国での生産・販売を増やす機会になるだろうが、米国の要求はこれにとどまらないだろう。

米中覇権競争が軍事衝突を伴う熱戦にならない限り、最終的には技術競争が最後の勝者を決めるという見方が多い。その中心に半導体の需給がある。半導体は高付加価値商品のレベルを越え、覇権競争の行方を左右する戦略物資だ。

このように安全保障と経済が一体化すれば、韓国の「安米経中」戦略は消えてしまう。実際、米中衝突の以前から安米経中はいつかやめざるを得なかった。何よりも中国自体が「経中」にとどまろうとしない。1992年の国交正常化以降に分業化した産業構造を土台とする経済協力が韓中関係を牽引し、両国に利益をもたらしたのは事実だ。

しかし中国はもう韓国を貿易対象あるいは経済協力だけのパートナーと見ていない。韓国にとって中国は依然として圧倒的な比率を占める最大貿易国だが、習近平政権が韓中関係に注力するのは韓国の投資と技術が望むからではなく、国家安全保障を含む戦略的な利害関係のためだ。すでに高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる葛藤と経済報復を通じて、安全保障は米国、経済は中国に依存してきた両極端構図が通用しないという事実が明確になった。

中国の当面の目標は韓国を味方に引き込んで対中包囲網を無力化することだ。内心望んでいる最終目標は「安中経中」だろう。それが今は可能でないため、韓国には最大限に中立を守るよう要求する。中国の中立要求は「同盟中毒症」というセルフ診断を出した国立外交院長のような人たちの情勢認識と一致する。文在寅政権の綱渡りはこのようにして出された処方せんの結果なのかもしれない。それがどれほど際どいゲームであるかを我々は先週末に目の当たりにした。

イェ・ヨンジュン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP