주요 기사 바로가기

韓経:限韓令解除拒否、ワクチン協力は含む…都合の良い内容だけ選んで発表した中国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.05 07:41
0
外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官が韓中外相会談で中国に韓流禁止令の「限韓令」の解除を要求したが中国側はこれを事実上拒否した。これに対し中国外交部は韓国が中国の海外同胞へのワクチン接種計画と環太平洋経済連携協定(TPP)加入などを支持したと主張した。中国が韓国側の要求は無視しながら自分たちに都合の良い内容だけを選んで発表したという批判が提起されている。

鄭長官は3日に中国の厦門で開かれた韓中外相会談で、ゲーム、映画、放送など文化コンテンツ分野の協力活性化に向け中国が協力してほしいとしながら限韓令を解除するよう要請した。

これに対し中国の王毅国務委員兼外相は「韓国の関心事をよくわかっている。持続して疎通しよう」と答え事実上拒絶の意思を表明した。王外相はこれに先立ち昨年11月の訪韓時に外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官(当時)の解除要求にも「持続的に疎通することを希望する」と答えていた。昨年の立場から一歩も進んでいないものだ。

中国は代わりに韓国側の発表にはない内容を大挙公開した。中国外交部はこの日ホームページに会談関連発表文を公開し「両国は健康コード相互認証に向けた共助を強化し、ワクチン協力を展開してファストトラック適用範囲を拡大することにした」と明らかにした。韓国外交部の発表だけでなく会談終了後の鄭長官の会見でも言及されていない内容だ。特に中国側の発表には韓国が海外在住中国人に中国産ワクチンを接種する計画の「春苗行動」を支持したという内容も含まれた。在韓中国人向けに中国産ワクチンが韓国に持ち込まれる可能性があることを示唆した言葉だ。

中国外交部の発表には、韓国が中国のTPP加入提案を歓迎したという内容も盛り込まれた。TPPは当初米国が主導し中国を排除した多国間自由貿易協定(FTA)で、トランプ前米大統領が2017年に脱退し現在11カ国で構成されている。習近平中国国家主席は昨年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でTPPに加入する意向があると言及している。中国側発表によるとTPP加入国でもない韓国が中国の加入を歓迎すると明らかにしたことになる。ただ韓中FTA2段階交渉加速化と中国が主導する地域的な包括的経済連携協定(RCEP)の早急な発効に向け両国が努力するという点は韓国側の発表にも含まれた。

これに対し韓国外交部は「双方は習主席の訪韓が新型コロナウイルスの状況が安定し環境が整い次第早期に実現するよう積極的に疎通することにした」と発表したが、中国外交部の発表文には習主席訪韓に関連する内容は一切含まれなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP