주요 기사 바로가기

冨田浩司駐米日本大使「韓国の過去史訴訟と判決が韓日関係を害する可能性がある」

ⓒ 中央日報日本語版2021.03.31 10:56
0
冨田浩司駐米日本大使が米国報道機関とのインタビューで韓国の過去史問題に関連した訴訟と判決が韓日関係を害する可能性があると述べた。

冨田大使は30日(現地時間)公開された米国議会専門メディア「ザ・ヒル」とのインタビューで「韓日政治状況」について質問受け、このように明らかにした。インタビューは9日行われた。

冨田大使は「韓日関係が改善されていると考えるか、米国が韓日関係の進展に役に立っていると考えるか」という質問を受けて「韓国は日本の観点で大変重要な隣国として残っている」とし「北朝鮮問題など懸案に対する日米韓3カ国連携の維持と協力のために韓国と引き続き関与するだろう」とした。

冨田大使は韓日間未解決問題が両国間協力を害する可能性があると話した。冨田大使は「最近、韓国の過去史問題に対する訴訟と判決から始まる。これは戦後解決に対するわが国の理解と合致しない。わが国の全般的な関係を害する可能性がある」として「わが国はこのような問題がわが国の全般的な関係を害することを防ぐために韓国政府に断固とした措置を取ることを要請している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    冨田浩司駐米日本大使「韓国の過去史訴訟と判決が韓日関係を害する可能性がある」

    2021.03.31 10:56
    뉴스 메뉴 보기
    離任前の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(右)に会った冨田前駐韓日本大使(左)
    TOP