주요 기사 바로가기

孫正義会長、韓国最大の電子商取引大手「クーパン」の日本参入方針を検討中

ⓒ 中央日報日本語版2021.03.30 10:35
0
ソフトバンクグループの孫正義会長が韓国最大の電子商取引大手「クーパン(Coupang)」のサービスを日本に導入する案を検討中だと明らかにしたとロイター通信が30日報じた。

孫会長はソフトバンクグループ内のインターネット事業部門「Zホールディングス」がクーパン側とこのような方針を協議しているとロイター通信が報じた。

クーパンは11日(現地時間)、米国ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。孫会長はソフトバンクグループのビジョン・ファンドを通じて2015年10億ドル、2018年20億ドルをクーパンに投資した。現在、クーパンの持分33.1%を保有した最大投資家だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    孫正義会長、韓国最大の電子商取引大手「クーパン」の日本参入方針を検討中

    2021.03.30 10:35
    뉴스 메뉴 보기
    孫正義会長
    TOP