주요 기사 바로가기

WHO「北朝鮮で毎週700人検査も感染者おらず…5人以上の集合禁止中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.29 12:04
0
北朝鮮が毎週約700人を対象に新型コロナウイルス検査を実施したが感染事例はなかったという報道が出た。

米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は26日、世界保健機関(WHO)平壌(ピョンヤン)事務所のエドウィン・サルバドール所長の話として、「1月1日から2月25日まで北朝鮮は毎週700人以上を対象に新型コロナウイルス検査を実施した。今月11~18日にも1506件の検査を実施したが報告された感染事例はなかった」と伝えた。

サルバドール所長が公開した資料によると、北朝鮮は昨年から今年2月25日まで1万 9416人から3万8558件の試料を採取し検査したが感染者は1人もいないことが明らかになった。検査人数には大きな変動がなかった。今年第1週の1月1~7日に最も多い792人が検査を受け、2月12~18日には最小の747人を記録した。

一方、WHOの「新型コロナウイルス週間報告書」は、北朝鮮で防疫措置として「5人以上の集合禁止」を実施していると明らかにした。報告書は北朝鮮当局が首都圏と地方、そして地方と地方の間でも移動を禁止しており、教育でも全面的な登校中止が続いていると伝えた。

コロナ清浄国であることを強調した北朝鮮当局は昨年12月初めにコロナ対応段階を最高レベルである「超特級」に引き上げている。超特級は全面的な集合禁止とともに、すべての地域を完全に封鎖する措置だ。北朝鮮も防疫状況によって対応段階を調節しているとみられる。

北朝鮮は昨年10月に非常防疫法を公布し、感染症の危険性と感染拡大速度に基づいて1級、特級、超特級に分類し状況による対応体系を規定した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP