주요 기사 바로가기

弓と矢で無差別銃撃に対抗するミャンマー市民、27日だけで91人が犠牲に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.28 12:33
0
「ミャンマー軍の日」の27日、ミャンマーで再び多くの市民が犠牲になった。「独裁打倒」を叫ぶ非武装市民に向け軍警が無差別銃撃を加え、この日1日だけで91人が死亡したと伝えられた。先月1日のクーデター以降で最も多くのミャンマー市民がこの日死亡した。

軍警の流血鎮圧の中で民主陣営と連帯の動きを見せる一部少数民族反乱軍は政府軍を攻撃し双方の間で激しい戦闘が広がったりもした。ミャンマーの主要武装反乱軍のひとつであるカレン民族同盟(KNU)はタイ国境地域で軍哨所を襲撃し10人を射殺したという。

だが中心都市のヤンゴンなどで続く反クーデターデモで市民は丸腰も同然だ。軍警が無差別実弾射撃をするのに対し市民は手作りの盾でどうにか体を覆っている。デモ現場では弓と矢で軍警を攻撃する姿も目撃された。

現地メディアのミャンマーナウは「ミャンマー軍の日に軍部は市民を恐怖に追い詰めた。40都市で91人が死亡した」と報道した。国営MRTVは前日の報道で、デモ隊に向け「頭と背中に銃が当たる危険に直面しかねないことを理解しなければならない」という警告メッセージを送り、実際にこの日無慈悲な流血弾圧が広がった。現地SNSには歩行者と車、バイクなどに向かって軍警が無差別に銃を撃つ場面が相次いで上げられた。

こうした中、軍部は27日に第76回ミャンマー軍の日を記念し、軍人と武器を大挙動員して軍事閲兵式を開催した。フライン最高司令官はテレビ演説で「安定と安全を害する暴力的行為は不適切で受け入れることはできない」と警告した。大規模閲兵式で力を誇示した軍部がテロは容認できないと繰り返し強調し、民間人の犠牲はさらに増える見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP