주요 기사 바로가기

人権委訪問の李容洙さん「慰安婦問題のICJ付託を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.26 16:19
0
旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(92)が国家人権委員会を訪問し、慰安婦問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託すべきだと改めて強調した。

李さんは26日、崔永愛(チェ・ヨンエ)人権委員長と面談するために人権委を訪れた。李さんは取材陣に「名誉と人権を回復するため最後に国際司法裁判所まで行って(この問題を)明らかにしようというためにここに来た」と伝えた。

李さんは「米国でも裁判を受け、日本でも韓国でも裁判があり、もうやるべきことは全部した」とし「植民地の無法天下当時に日本が刃物を持ってむやみに奪って行きながら、幼女だった私を連れて行った。日本は無法天下当時にした行動を今もそのままにしている」と主張した。

李さんは8日、映像メッセージを通じて、人権委が女性の人権保護のために日本政府などの歴史歪曲に断固対処することを促した。李さんは映像で「韓日両政府に慰安婦問題の国際司法裁判所付託を提案したが、これに対する支持を訴えたい」と語った。

今月3日には鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官と会った。李さんは「国際司法裁判所で判決を受けられるよう文大統領に会って要請できるようにしてほしい」と鄭長官に話したという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP