주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国代表監督「韓日戦の敗北、弁解の余地ない結果」

ⓒ 中央日報日本語版2021.03.26 10:09
0
パウロ・ベント監督が率いるサッカー韓国代表が日本代表との対戦で完敗した。韓国は25日午後、横浜で開催された韓日戦で日本に0-3で敗れた。

ベント監督は試合後、「今日は望んでいた試合ができず、多くのミスが出た。バイタルエリアでボールを奪われる場面が多かった。失点状況も多く迎えた。後半戦は積極的に強く臨んだが、日本がより良い試合を見せた。今日の敗北は弁解の余地がない正当な結果」と述べた。

この日の試合で李康仁(イ・ガンイン、バレンシア)をゼロトップで先発出場させたことについては「相手の守備ラインのスキを狙った。相手の守備がマンツーマンで強い圧力を加える時、相手の守備を引き出すことができれば、その空間に第2線の選手が入っていくことを望んだ」とし「李康仁のゼロトップ戦術はうまく機能しなかった」と話した。

ベント監督は「欧州組がいれば結果が変わっていたとは考えない」とし「誰がいたとすれば結果が良くなったという話をするのは、ここにいる選手のためにもしてはいけないことだ。すべての敗北の責任は私にある」と語った。

ベント監督は「きょう良い試合をできなかったのは事実」とし「韓日戦の意味をよく理解して準備したが、相手が我々よりも良かった。相手の勝利には祝う言葉を伝えたい。相手は勝利する資格があった。我々は敗戦を振り返って改善すべき点は改善しなければいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国代表監督「韓日戦の敗北、弁解の余地ない結果」

    2021.03.26 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    パウロ・ベント監督
    TOP