주요 기사 바로가기

車載半導体需給非常事態…現代車も来月は分からない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.26 09:37
0
世界の車載半導体の供給不足事態が長期化し、現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)はもちろん、協力会社も非常事態となった。現代車・起亜は、半導体需給状況を週単位でチェックし、在庫管理を大幅に強化し、協力会社はブラックマーケット(短期で在庫取引する市場)までくまなく捜し、市場価格の5~6倍を払って半導体を確保している。

25日、自動車業界のある関係者は「現代モービスの購買担当役員が今月、欧州出張から帰った後、2週間の隔離中」と伝えた。また、「その役員は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のリスクを甘受し、車載半導体を作るメーカーの本社があるオランダやドイツなどに行ってきたと聞いている」と述べた。業界では最近、「モービスの従業員が車載半導体市場シェア1・2位のインフィニオン(ドイツ)・NXP(オランダ)本社を訪問して泣訴したり、工場の前でやみくもに待機したりしている」と噂されている。現代車の関係者も「世界の完成車メーカーが半導体入手戦争を繰り広げている」とし、「現地に行ったからと言って十分な数量が生じるわけではないが、我々は何もせずに待ってばかりはいられない状況」と述べた。

現代車は「一部の車載半導体の需給に困難をきたしているのは事実」としつつも、「需給状況に応じて生産計画を調整中」というのが公式の立場だ。しかし、ある業界関係者は「現代車は今月までは問題ないが、来月の半導体需給計画が出ていない状況」とし、「一部品目は1週間単位での在庫管理をしている」と述べた。

現在、現代車・起亜は車載半導体が入る部品を1次協力会社の現代モービス・コンチネンタル・デンソーなどから供給を受けている。これらの会社のように大規模な1次協力会社には半導体の在庫が一部あるが、規模が小さい1・2次協力会社はブラックマーケットまで探して半導体の入手に死活をかけている。匿名希望の部品業者の関係者は「香港・シンガポールでこのようなブラックマーケットが開かれる。数万個程度の量は、価格を5~10倍程上乗せして購入することもある」と述べた。

政府も対応に乗り出した。産業通商資源部によると、政府は短期需給条件を改善するために車載半導体輸入申告審査時の書類提出、検査選別手続きを最小化するなど、24時間通関支援システムを稼働している。輸入に支障をきたす場合、新型コロナ関連緊急物資の輸出入に準ずる関税行政システムを適用することにした。また、車載半導体の調達業務に関連する企業が出入国する場合、新型コロナ隔離免除審査を迅速化することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP