주요 기사 바로가기

<サッカー>韓日戦、10年前の屈辱は忘れていない

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2021.03.25 10:29
0
サッカー韓国代表は10年前の夏に日本で受けた屈辱を晴らすことができるのか。

パウロ・ベント監督(52)が率いる韓国代表は25日、横浜の日産スタジアムで日本代表と親善試合を行う。歴代80回目の韓日戦だ。今回の試合は多くの論議を呼び、サッカーファンの支持を受けることができなかったが、いずれにしても日本との対戦ならとにかく勝たなければいけない。

何よりも10年前の2011年8月10日を忘れてはいけない。北海道札幌ドームで開催された日本との親善試合で韓国は0-3と惨敗した。当時、独ブンデスリーガのドルトムント所属だった香川真司に2ゴールを献納し、露プレミアリーグCSKAモスクワの本田圭佑に1ゴールを許した。日本戦で3失点したのは、1974年の定期戦で1-4で敗れて以来37年ぶりだった。日本戦の歴代最多得点差敗北タイだ。3点差の零敗は初めてだった。韓国は朴主永(パク・ジュヨン、ASモナコ)、李根鎬(イ・グノ、ガンバ大阪)、具滋哲(ク・ジャチョル、ヴォルフスブルク)、奇誠庸(キ・ソンヨン、セルティック)など精鋭メンバーで韓日戦に臨んだが、気力を見せられず崩れた。試合の前日に香川が「韓国の守備は強くない」と挑発したが、反撃もできなかった。

さらに当時は独島(ドクト、日本名・竹島)問題で非常に敏感な時期だった。多くの韓国国民が日本を相手に快勝することを望んでいたが、むしろ失望感を抱くことになった。日本のサッカーファンは喜んだ。2010年5月に埼玉で朴智星(パク・チソン)に感じた恐怖を払拭した。2011年は朴智星が代表チームから引退した後だった。「朴智星がいなければ韓国サッカーなんてなんともない」「韓国はもはやライバルでない」「韓国サッカーの実力は練習試合にもならないほど」「香川と本田がアジア最高の選手」などとコメントした。韓国サッカーファンは反論もできなかった。「朴智星の空白を確かに感じる」程度の嘆きだけだった。「韓国サッカー恥辱の歴史」「踏みにじられた韓国サッカー」などのメディアのヘッドラインを見ても当時の雰囲気が分かる。

その後、韓日戦は4回開催された。2勝1敗1分けで韓国が優勢だ。2017年12月には東京遠征で4-1で大勝した。しかし胸中の深い傷は癒やされなかった。4試合とも欧州組が抜けた国内組中心の東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権だったからだ。最精鋭メンバーで激突していないという理由のため、まともに雪辱を果たしたと主張することもできない。今回が本当のAマッチだ。本当にリベンジするチャンスだ。10年ぶりに訪れたこのチャンスを逃してはいけない。

10年前の傷が胸に残っている選手もいる。「ベント号」の4人が当時の韓日戦を経験した。金英権(キム・ヨングォン、ガンバ大阪)は先発出場した。南泰煕(ナム・テヒ)、朴柱昊(パク・チュホ、水原FC)は交代でグラウンドを踏んだ。金鎮鉉(キム・ジンヒョン、セレッソ大阪)は控えメンバーにいた。この選手たちが10年ぶりの雪辱に向け、競技力、精神力で先鋒に立つとみられる。

2011年の日本遠征で屈辱的な敗北を喫したが、韓国は本能的に日本遠征に強い。歴代対戦成績は79戦42勝14敗23分けだ。日本遠征でも30戦16勝6敗8分けと大きくリードしている。計48得点し、32失点した。圧倒的な優位だ。日本に行けば強いという真理を証明し、もう一度、朴智星のような恐怖心を抱かせなければいけない。ベント監督は「韓日戦の意味はよく知っている」と決然たる意志を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓日戦、10年前の屈辱は忘れていない

    2021.03.25 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    大韓サッカー協会
    TOP