주요 기사 바로가기

日本全域に鳴り響いた韓国語の校歌…京都国際高校、甲子園で初勝利

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.24 18:02
0
日本の高校野球の聖地である甲子園球場に「東海を渡りし…」で始まる韓国語の校歌が鳴り響いた。この歌はテレビの生中継画面に乗り日本全域に広がっていった。

韓国系民族学校である京都国際高校が第93回選抜高校野球大会での初めての試合で勝利を手にした。24日に兵庫県の甲子園球場で開かれた宮城県の柴田高校との試合で延長戦にもつれ込む接戦の末に5-4で勝利した。

春の甲子園は高校野球人気が天を突く勢いの日本でも最も権威があり評判が高い大会だ。プロ野球の人気を凌駕する日本の野球界最大のイベントのひとつに挙げられる。

京都国際高校は今年外国系国際学校として初めて春の甲子園大会出場権を獲得した。1万人の観衆が殺到したこの日の試合には、京都と東京、大阪など日本各地から集まった在日韓国人1000人余りが熱を帯びた応援を繰り広げた。

京都国際高校は1回裏に2点を先制された後、6回まで0-2のまま粘った。反転の機会は7回表に訪れた。1死満塁から1番打者の武田侑大が走者3人を生還させる走者一掃の適時3塁打を放った。

7回裏で再び1失点し同点に追いつかれたが、リードを奪われずに9回まで持ちこたえた。結局勝負は延長10回表で決着した。1死2塁から3番打者の中川勇斗が右前適時打で再び勝ち越し、四球で続いた1・2塁から5番打者の辻井心が1・2塁間を抜ける適時2塁打で勝利を決めた。

この試合は公営放送のNHKを通じて日本全域に生中継された。京都国際高校の韓国語の校歌も1回裏終了後と試合後の2度にわたり全国的に放送に乗った。テレビの字幕には「東海」が「東の海」と修正されて表示されたが、球場にいた選手らは韓国語の歌詞そのまま「東海」と歌った。

京都国際高校には生徒131人が通う。日本人が93人、在日韓国人が37人だ。野球部員40人は全員日本国籍という。校歌の最後の歌詞は「私たちの安らぎの場所、韓国の学び舎」だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP