주요 기사 바로가기

米銃器乱射容疑者「性依存症」の可能性…「ヘイトクライム判断はまだ早い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.18 07:46
0
米国ジョージア州アトランタにあるマッサージ店3カ所で銃器を乱射し、韓国人4人を含む合計8人を殺害した容疑者に対して「性依存症」の可能性が提起された。

17日(現地時間)、AP通信などによると、アトランタ当局は逮捕された白人男性ロバート・アーロン・ロング容疑者(21)が「銃撃と人種は関連がない」と主張したと明らかにした。

ロング容疑者は逮捕された後に犯行を認めながらも、その動機に対して人種差別的な「ヘイトクライム(憎悪犯罪)」の可能性は否定したと伝えられた。

チェロキー郡保安官は「ロング容疑者は自身にはいくつか問題があり、潜在的には性依存症があると話した」と説明した。また、ロング容疑者がフロリダ州に移動し、別の犯行を犯すことを計画していたと伝えた。

現地メディアはロング容疑者が以前に訪問したマッサージ店を犯行対象としたもようだと報じた。当局はまだ捜査初期段階なので、ヘイトクライムの可能性を排除しないでいる。ただし、現段階では「ヘイトクライムだと判断するには早すぎる」という立場だ。

ロング容疑者はSNSを通じて「中国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)隠蔽工作を行っている」「中国は私たちの時代の最大悪(evil)」などと書いていたことが分かった。ロング容疑者の犯行で亡くなった8人の被害者のうち6人はアジア系であることが確認された。

一方、ホワイトハウスはジョー・バイデン大統領がこの事件について夜中に報告を受けたと明らかにした。連邦捜査局(FBI)も捜査に合流し、ヘイトクライムの可能性に対する捜査は続く見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米銃器乱射容疑者「性依存症」の可能性…「ヘイトクライム判断はまだ早い」

    2021.03.18 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    ロバート・アーロン・ロング容疑者
    TOP