주요 기사 바로가기

<ゴルフ>ダスティン・ジョンソン「五輪不参加」…韓国には好材料

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.15 14:08
0
現マスターズチャンピオンで男子ゴルフ世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)が7月に開催される東京オリンピック(五輪)への不参加を宣言した。「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権に出場中のジョンソンは14日の記者会見で「大きな大会が集まっていて、五輪ゴルフは日程上参加するのが容易でない。PGAツアーに集中する」と発表した。

五輪男子ゴルフは7月29日に始まる。英国で開催されるメジャー大会、全英オープンの11日後だ。五輪の4日後には米メンフィスで世界ゴルフ選手権がある。その週にはPGAツアーのプレーオフが始まる。ジョンソンは昨年プレーオフ3大会のうち2大会で優勝し、プレーオフチャンピオンになった。米国と欧州の大陸対抗戦ライダー杯がその後に続く。ライダー杯は両大陸の選手が重視する大会だ。

五輪には男女60人ずつ出場する。出場者は6月に開催される全米オープン基準の世界ランキングで決まる。15位以内の選手が参加資格を受けるが、一国で15位以内の選手が5人以上いる場合は4人だけが出場できる。15位内の選手が5人以上である国は男子の米国、女子の韓国だけだ。ジョンソンが抜ける場合、米国男子代表となる可能性がある上位ランキング選手はジャスティン・トーマス、コリン・モリカワ、ザンダー・シャウフェレ、ブライソン・デシャンボー。残りの国は2人まで出場できる。

男子世界2位のジョン・ラーム(スペイン)は「五輪出場は大きな栄光であり、必ず参加する」と語った。しかし男子選手の五輪不参加がドミノのように続く可能性がある。昨年のこの時期、ブルックス・ケプカ(米国)、アダム・スコット(豪州)らが五輪不参加を決めた。新型コロナのパンデミックが完全に終わっていない点を選手がボイコットの名分として出す可能性がある。

ゴルフが五輪正式種目に復帰した2016年リオデジャネイロ五輪当時もそうだった。当時、男子ゴルフ「ビッグ4」と呼ばれたローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジョーダン・スピース(米国)、ジェイソン・デイ(豪州)、ダスティン・ジョンソンがブラジルで流行したジカウイルス感染症を理由に参加しなかった。ジカウイルスにさらに脆弱な女子選手の大半が参加したのとは対照的だった。

男子選手の場合、五輪よりメジャー大会を重視する傾向がある。トップ級選手がマスターズと五輪金メダルのうち一つを選択する場合、ほとんどがグリーンジャケット(マスターズ優勝者の象徴)を選ぶだろう。五輪は今年のメジャー大会がすべて終わった後に開催される。結局、ジョンソンはメジャー大会だけでなくプレーオフも五輪以上に重要視しているのだ。

一方、女子選手は最高大会の全米オープンと五輪を比べる場合、五輪を選択する選手が多い。世界1位のコ・ジンヨン、2位のキム・セヨンらトップ級選手も五輪金メダルへの意志が強い。2016年の五輪金メダリストの朴仁妃(パク・インビ)の場合、東京五輪を目指すために大会に出場している。

ジョンソンなどトップ級選手の五輪不参加は韓国選手にはチャンスとなる可能性がある。現在、韓国選手のランキングはイム・ソンジェ(17位)、キム・シウ(54位)、アン・ビョンフン(80位)の順だ。イム・ソンジェはマスターズ2位など好成績を維持していて、日本での経験もある。キム・シウも日本では相対的に有利だ。トッププレーヤーが抜ければさらにチャンスは大きくなる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP