주요 기사 바로가기

東方神起ユンホ、「防疫守則違反」のツケ…CM削除・番組MCに赤信号

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2021.03.15 11:33
0
広告界が「ユンホ消し」に出た。

東方神起のユンホがMCを務めるMnetバラエティ番組『Kingdom: Legendary War(キングダム:レジェンダリー・ウォー)』にも赤信号が灯った。ユンホは最近、首都圏の社会的距離の確保第2段階にともなう営業制限時間を守らず、警察の事情聴取を受けたことでその影響が大きい。ユンホが出演するCMはユンホのイメージを消す作業に入った。モデルとして活動している出前アプリ『ヨギヨ』とオットギ『カップご飯』の広告でユンホのイメージを全部削除した。真面目なイメージと情熱あふれるキャラクターで大きく愛されたイメージで広告モデルに抜擢されたので、広告主の立場では打撃が大きいしかなく足早い対応に出た。

4月1日初放送を控えたMnet『Kingdom: Legendary War』も対策を立てている。東方神起が『Kingdom: Legendary War』のMCを引き受けたため。『Kingdom: Legendary War』で舞台を披露する後輩歌手にも手本になることができるメンターであり先輩歌手として渉外されたため、今回の問題で赤信号が灯った。すでに2月『Kingdom: Legendary War』のMCティーザーまで公開された状況。東方神起チャンミンの単独MC体制で進めるか、既存のキャスティングを維持するか関心が集まる。

当初、防疫守則の違反で最初報道が出てユンホが謝罪文を掲載された時までは非難の世論が激しくなかった。しかし、その後、MBC(文化放送)『ニュースデスク』では取り締まり当時、警察が出動すると同席者は警察ともみ合い、ユンホが逃走を試みたことが分かったと報じた後、非難の声が大きくなった。『ニュースデスク』側はユンホが知人たちとともに滞在していた場所が管轄区庁には一般飲食店に登録されているが、実際には違法な遊興飲食店だったと説明した。

これを受け、ユンホの所属事務所SMエンターテインメント側は直ちに反論に出た。間違って知らされた部分を正した。該当場所に行ったのも悩みの相談に乗ってほしいという友達の連絡を受けて友達から来てほしいと言われた場所に行っただけだと説明した。SM側は12日「ユンホが防疫守則を守らなかった点は明白な誤りであり、自らも深く反省しているが、防疫守則を破ったこと以外に謝った行動は絶対にしていない」として「警察および関連公務員たちの公務執行に誠実に協力して直ちに現場で身分を確認した後、帰宅措置を受けた。突然、10人余りの私服警察が押しかけて取り締まる状況で、警察官であることを認識できなかった友達の一部が慌てて抗議したのは事実だが、これはユンホとは関係なく起きたこと」と立場を出した。また「女性従業員が同席した事実も全くない」として「誤った部分に対する叱責や処罰は受けるが、根拠のない憶測は控えてくださるよう丁寧にお願いする」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東方神起ユンホ、「防疫守則違反」のツケ…CM削除・番組MCに赤信号

    2021.03.15 11:33
    뉴스 메뉴 보기
    東方神起のユンホ
    TOP