주요 기사 바로가기

暴力物議の俳優チョ・ビョンギュ「キャリアすべて崩壊した…最後まで戦う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.10 15:44
0
学校暴力の加害者として名指しされた俳優チョ・ビョンギュは10日、「所属事務所から巨額の損害賠償を言及する連絡を受けた」という被害者の追加暴露に反論し、虚偽の流布に法的対応するという立場を明らかにした。

チョ・ビョンギュはこの日、インスタグラムに「(加害者では)ないことを一体どうやって証明しなければならのか」とし、「すでに10年のキャリアは崩壊し、決まっていた作品はすべて保留された。損害を被った金額は到底口にできず、暴露文が公開された後、数週間、眠れない日々を過ごした」と記した。

チョ・ビョンギュは「もう、すべて意味がない」とし、「最低限の品位は守ろうとしたが、私も人間で、打撃があるため、自分を守るためにすべてをさらけ出して話す。虚偽の文章を流布した人から悪質なコメントまで最後まで戦う」と強硬対応を予告した。

チョ・ビョンギュから学校暴力を受けたと主張した被害者はこの日、インスタグラムで「ニュージーランドの学校暴力について投稿した後、所属事務所の法律代理人から告訴と想像することができない金額の損害賠償を言及する連絡を受けた」と述べた。

被害者は、「先月21日に『投稿をすべて削除し、謝罪文を投稿しろ』という連絡を受け、すべての投稿を削除した」とし、「私が投稿を削除したことに反応するように、あちらから俳優の解明文を発表するという記事が出た」と述べた。

続けて「あちらが解明文を発表し、真実と嘘が入れ替わった状況にも関わらず、私は無気力で何もすることができなかった」とし、「告訴と莫大な損害賠償は依然として私を押さえ付けていた」と述べた。

被害者はチョ・ビョンギュ所属事務所に向けて、「都合上、言及されなかったすべてを含む公開検証を提案する」とし、「告訴と賠償を組み合わせて事件を再構成し、真実と嘘を置き換え、謝罪を受けるべき人が泣いて訴えなければならない、このような状況をどうやって受け入れなければならないのか」と述べた。

被害者のこのような主張が公開されてから間もなく、チョ・ビョンギュは「弁護士、所属事務所はお金で圧力をかけたことはないし、それが脅迫と感じたのだとしたら、内容証明はどのように送り、他国にいる匿名のあなたにどうやって状況を伝えるのか」とし「あなたは知人を通じて先に弁護士に連絡して来て、まず善処を求めた」と反論した。

チョ・ビョンギュは「(学生時代に)私も試行錯誤、葛藤、学びがあった」とし、「ただし、法的、倫理的、道義的範囲内だった。それを否定しない」と述べた。続けて「なぜ、俳優という職業の責任として事実ではない幼年時代について謝罪をしなければならないのか」とし、「私は感情のはけ口で、匿名の顔を知らない人の文章は本心なのか」と述べた。

また、「今はすべて意味を持たず、何も持たない状態で本人と同じ立場で対応できるようにしてくれて感謝する」とし、「これ以上、私の大切な人たち、所属事務所まで被害を被ることを作りたくないし、苦労させたくない。虚偽の文章を流布した人から悪質なコメントまで最後まで戦う」と記した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    暴力物議の俳優チョ・ビョンギュ「キャリアすべて崩壊した…最後まで戦う」

    2021.03.10 15:44
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チョ・ビョンギュ[写真 HBエンターテイメント]
    TOP