주요 기사 바로가기

アストラゼネカのワクチン接種した韓国医師「10時間後に38度以上の高熱…後遺症が深刻」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.10 08:28
0
「4日にアストラゼネカのワクチンを接種し、10時間が過ぎた後、38度以上の高熱と寒気頭痛に苦しんだ。(中略)実際、前日にワクチンを接種した医師が後遺症のため救急室に移されたと聞いたので覚悟していたが、予想以上に(ワクチンの後遺症が)激しかった」。

アストラゼネカの新型コロナワクチン接種を終えた現職の医師が、ワクチン接種による後遺症について「予想以上に激しかった」と明らかにした。

リハビリ医学科のキム・ギョンリョル専門医が運営するユーチューブチャンネルには9日、「アストラゼネカワクチン接種、率直な副作用記録」という映像が登場した。キムさんは「午前1時ごろ寒気がして目が覚めた。一番高い時の体温は38.7度だった」とし、熱を測る映像を公開した。この映像でキムさんの体温計は37度と38度の間を行き来した。

キムさんは「薬をのむと少し良くなった」とし「3つの薬を準備したが、個人的にタイレノールが一番効果があった」と説明した。

◆「周囲30人の7割がワクチン副作用」

自分の周囲の医師と患者にワクチンの副作用事例を尋ねた結果も共有した。

キムさんは「薬をのんで出勤し、友人らに尋ねてみたが、30人のうち70%は副作用があり、60%は私と似た症状を経験していた」とし「一般インフルエンザよりは症状が激しかったようだ」と伝えた。

また「特に20代から40代の若い人たちが症状を訴え、50代以上は意外にも特に症状なく過ごした人が多かった」と話した。ただ、「若いからといって誰もが副作用を経験したわけではなく、20代の2人は副作用がなかった」と説明した。

キムさんは「個人的に、今週からアストラゼネカのワクチン接種が本格的に始まれば、多くの人が激しいインフルエンザに似た症状を訴えると考えている」とし「ワクチンに対する拒否感も相当あるはず」とコメントした。また「ワクチンの効果が数年続くわけでもなく、毎年こうした副作用を経験しながらワクチンを接種することになれば納得しがたいと思う」と話した。

◆「集団免疫を形成すべき…2回目も接種」

しかしキムさんは「私はいま健康な方々がアストラゼネカのワクチンを接種し、集団免疫を形成すべきだと考える」とし「わが国にあるワクチンは限られている。私も2回目の接種をする。2回目は副作用も減るだろう」と予想した。

ただ、「心臓病のような基礎疾患がある患者に接種するのは安全性を確認した後にするのがよい」とし「今まで死亡した人は基礎疾患があるケースだったため」と強調した。最後に「きょう私が話したことは科学的な根拠がない個人的な意見にすぎない」と付け加えた。

映像を見たネットユーザーは「映像に感謝する。70%ほど副作用事例があるとは緊張する」「58歳の女性だが、2、3日間ほど苦労して(ワクチン後遺症が)よくなった」「タイレノールもあまり効かない。私たちの病院の他の職員は解熱剤を3回使っても薬効が切れればまた熱が上がり、大変だった」となどとコメントしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラゼネカのワクチン接種した韓国医師「10時間後に38度以上の高熱…後遺症が深刻」

    2021.03.10 08:28
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカのワクチン接種後の状況 「釜山医師キム院長」ユーチューブ キャプチャー
    TOP