주요 기사 바로가기

<サッカー>Aマッチ韓日戦の開催、最大の壁は「隔離」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.05 13:19
0
2022年カタールワールドカップ(W杯)本大会進出に挑戦中のサッカー韓国代表が、宿敵・日本と親善試合を行う計画を進めている。新型コロナの影響で3月のW杯2次予選の日程が延期され、代案として浮上したビッグイベントだ。双方に意味のあるイベントになると予想されるが、国家間の移動にともなう選手団の隔離問題をどう解決するかがカギとなる。

大韓サッカー協会の関係者は5日、「最近、日本サッカー協会が3月のAマッチ期間に日本で韓日戦を開催することを提案してきた。前向きに検討している」と述べた。韓国と日本は東アジアカップで2年ごとに対戦しているが、親善試合は2011年に札幌で開催(韓国が0-3で敗戦)以来10年ぶりとなる。

パウロ・ベント監督が率いる韓国代表にとって3月の韓日戦は良いテスト機会になる。「ライバル戦」という特殊な環境の中で玉石を分ける貴重な機会だ。新型コロナのため国家対抗戦が容易でない状況で、コーチングスタッフ・選手ともにAマッチ実戦経験を積むことができる好材料でもある。

問題は日本から帰国する過程での選手の防疫手続きだ。日本サッカー協会側は「親善試合に参加する選手の隔離手続きを免除することで政府の承認を受けた」と明らかにした。しかし帰国後の国内隔離(2週間)問題はまだ解決していない。

先月、国際サッカー連盟(FIFA)クラブワールドカップに参加した蔚山現代の選手の場合、「コホート隔離」方式の適用を受けた。全員がクラブハウス内で過ごす条件で2週間の隔離を1週間に短縮した。大韓サッカー協会も蔚山選手団の事例を参考にした。代表メンバーが韓日戦から帰国すれば、坡州(パジュ)トレーニングセンターで1週間コホート隔離することを文化体育観光部に提案し、返答を待っている。

この案が採択されても、代表チームのKリーガーは所属チームの1、2試合に出場できなくなる。このため所属チームが代表メンバー招集に応じない可能性もある。FIFAは、国家間の移動で5日以上の隔離措置が発生する場合、所属チームは代表メンバーの招集を拒否することができる、という規定を定めている。

蔚山、全北、浦項、大邱の場合、アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグが代表メンバー招集の変数になることも考えられる。4月にチャンピオンズリーグのグループリーグを行う予定だが、3月にチームの中心選手を代表チームに長期間送り出すのは難しい。

サッカー協会の関係者は「Aマッチ韓日戦とそれによる隔離措置は、4月に開催される女子サッカー代表と中国の東京オリンピック(五輪)プレーオフ日程にも重要な参考事項となる。意味のある親善試合を実現させながらも新型コロナ危険から選手団を保護できる合理的な措置を構想中」と伝えた。

女子代表チームの場合、4月8日(韓国高陽)と13日(中国蘇州)にホーム&アウェー方式で中国と対戦する。この試合の結果で東京五輪への出場可否が決定する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>Aマッチ韓日戦の開催、最大の壁は「隔離」

    2021.03.05 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    大韓サッカー協会が3月のAマッチ期間中の韓日戦を推進している。写真は昨年11月のカタールとの親善試合。 [写真=大韓サッカー協会]
    TOP