주요 기사 바로가기

「加害と被害曖昧」…APRIL所属事務所、いじめ論争で元メンバーに法的対応

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.03 14:40
0
「メンバー間のいじめ」の論が行われたことをガールズグループAPRIL(エイプリル)の所属事務所DSPメディアが、被害を主張した元メンバーのイ・ヒョンジュ側を相手に法的対応に出た。イ・ヒョンジュ側がメンバーからいじめを受けたと強く主張し続けてきたが、「加害者と被害者を分けることができない状況」という理由からだ。

DSPメディアは3日、「わずかな対話さえ続けることができない状況」とし、「イ・ヒョンジュだけでなく、イ・ヒョンジュの家族や知人だと主張し、オンライン・コミュニティに投稿したすべての人に対し、民事・刑事上の強力な法的対応を取る」と発表した。

DSPメディアは「所属アーティストに対する義務を果たすために2度にわたりイ・ヒョンジュと母親と面談した」とし「この席でイ・ヒョンジュが本人だけが被害を受けたと主張し、一方的で事実と異なるコメント発表を要求した」と述べた。また「イ・ヒョンジュの弟という人物が3日、再び一方的な文章を投稿し、対話を続けることができない状況になった」と付け加えた。

APRILから2016年に脱退したイ・ヒョンジュの弟を名乗るネットユーザーが、イ・ヒョンジュがグループ内で嫌がらせと仲間外れに遭ったという文章をオンライン・コミュニティに投稿し、波紋が広がった。DSPメディアはイ・ヒョンジュが体力的、精神的問題でグループ活動に誠実に参加できなかったため摩擦が生じ、加害者と被害者を分けることができない状況だったと反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「加害と被害曖昧」…APRIL所属事務所、いじめ論争で元メンバーに法的対応

    2021.03.03 14:40
    뉴스 메뉴 보기
    元APRILメンバーのイ・ヒョンジュ[写真 DSPメディア]
    TOP