주요 기사 바로가기

韓国女性家族部、慰安婦歪曲など懸案関連の専門家懇談会を開催

ⓒ 中央日報日本語版2021.03.02 11:18
0
韓国女性家族部が2日午後、政府ソウル庁舎で旧日本軍慰安婦関連懸案について意見を聞くため専門家懇談会を開く。

女性家族部は懇談会で、ラムザイヤー米ハーバード大教授の慰安婦問題歪曲論文などのほか、今後の慰安婦問題関連記念事業の推進方向について議論する。

懇談会にはイム・ジヒョン西江大史学科教授、パク・ジョンエ東北アジア歴史財団日本軍慰安婦研究センター研究委員など学界の専門家、日本政府を相手にした損害賠償訴訟で代理人を務めたキム・ガンウォン弁護士、イ・サンヒ弁護士らが出席する。

鄭英愛(チョン・ヨンエ)女性家族部長官は「慰安婦問題に関する歪曲と被害者の名誉と尊厳を毀損する動きがあるのは極めて遺憾」とし「ナヌムの家の訪問をはじめ、今後も慰安婦関連の専門家だけでなく被害者の方々と直接意思疎通をし、慰安婦関連の懸案に積極的に対応していく」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国女性家族部、慰安婦歪曲など懸案関連の専門家懇談会を開催

    2021.03.02 11:18
    뉴스 메뉴 보기
    鄭英愛(チョン・ヨンエ)女性家族部長官は1日12時ごろ、光化門付近の飲食店で慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんと会い、慰安婦被害者関連記念事業の推進方向や被害者支援について意見を交わしている。 [女性家族部提供]
    TOP