주요 기사 바로가기

韓国全経連会長6回目再任の許昌秀氏「企業家精神が必要な時代」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.26 15:59
0
GSグループ名誉会長の許昌秀(ホ・チャンス)氏(73) が韓国全国経済人連合会(全経連)の会長職を継続する。全経連は26日、定期総会を開き、許氏を第38代会長に推戴した。許氏の任期は2年だ。全経連会長職は再任に上限がない。これで許氏は2011年から6回連続で会長職を務めることになり、最長寿会長記録を立てることになった。その前の記録は現代グループ名誉会長の鄭周永(チョン・ジュヨン)氏(1977~87年)だった。

許氏は就任の挨拶を通じて「コロナ発経済危機が続く厳しい時期に重責を担うことになり無限の責任を感じる」とし「企業と国民が全経連と私にかける期待に応えられるように耳を傾け悩みながら実行していきたい」と述べた。あわせて「韓国経済はコロナ危機を越えて、飛翔か墜落かを分ける重要な岐路に立っている」とし「新型コロナウイルス(新型肺炎)の危機はまだ終わっていない」と評価した。

許氏は任期の間、企業家精神ルネサンスを実現し、韓国経済の構造改革に専念すると明らかにした。許氏は「一度やってみようという自信を持って新事業に参入する企業家精神こそ、私たちの経済に息を吹き込む原動力」としながら「不合理な規制で困難を経験している企業の声を集めて政府と国会に建議する」と話した。続いて「内需が低迷して投資は鈍化し、雇用が不足して後発競争国との技術格差は狭まっている」とし「潜在成長率は低くなり、少子高齢化が深まり、この地に挑戦と希望に対する話はただ消えて行くばかりだ」と診断した。許氏は挨拶の末尾に「全経連創立60周年を迎え、再び創立する気持ちですべてのことを刷新していく」と明らかにした。

財界では許氏が重荷を自ら負ったという評価だ。全経連の地位が弱まった中で許氏が全経連の再建に出たということだ。全経連関係者は「許昌秀会長を再推戴しようという方向で加盟会社の意見がまとまった」と説明した。許氏の再任により、全経連・大韓商工会議所・韓国貿易協会など今年会長交代を迎えた主要経済団体のトップがすべて出揃った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国全経連会長6回目再任の許昌秀氏「企業家精神が必要な時代」

    2021.02.26 15:59
    뉴스 메뉴 보기
    全国経済人連合会(全経連)の許昌秀(ホ・チャンス)会長
    TOP