주요 기사 바로가기

米外交官のコロナ肛門検査強要論争…中国政府「事実ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.26 06:31
0
中国に滞在中の米国外交官が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の肛門検査を強要されたという主張が提起されて論議を呼んでいる。中国政府は「事実とは違う」と否定した。

25日(現地時間)、中国官営メディア「中国国際テレビ(CGTN)」によると、中国外交部の趙立堅報道官はこの日の定例会見で「米国外交官に新型コロナ肛門検査を要求したことはない」と明らかにした。ただし趙報道官は「私が知る限り」と但し書を付けた。

これに先立ち、この日米国メディア「ヴァイス(VICE World News)」は米国務省関係者の言葉を引用して「一部の外交官が新型コロナ肛門検査を受け、これに対して中国政府に抗議した」と報じた。この関係者は「中国政府も外交人材は肛門検査が免除されるという点を認めた」とし「『ミスで(in error)』検査したものだと釈明した」と付け加えた。具体的な検査対象や人員などは知らされなかった。

この日ロイター通信も関連のニュースを伝えて「米国務省は外交関連法条項により、自国の外交官と家族の尊厳性を守るために最善を尽くしていると明らかにした」と伝えた。

中国は一部地域で綿棒を利用して新型コロナ肛門検査を実施している。先月、中国国家保健委員会は新型コロナウイルスが鼻・喉よりも肛門のほうがうまく検出できると主張していた。国家次元の具体的な指針が決まってはいないが、海外から入ってくる学生や旅行客などに対する検査件数は次第に増加しているとブルームバーグ通信は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米外交官のコロナ肛門検査強要論争…中国政府「事実ではない」

    2021.02.26 06:31
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP