주요 기사 바로가기

【コラム】韓国警察、日帝の巡査か民衆の杖か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.25 11:00
0
巡査--。日帝強占期の時、末端の警察官を称した言葉だ。現在の巡警に相当する職位だが、当時の威勢はすごかった。「腰に剣を差した巡査を見れば、泣く子も黙る」というほどだった。彼らが日帝のために朝鮮人を抑圧した手法はさらに悪辣だった。誰の家にスプーン・箸がいくつかあるかすら把握していたいわゆる「密着型」の手先だったからだ。

最近、この巡査の存在を思い出させてくれたのはチョ・グク前法務部長官だ。チョ氏は今月15日、フェイスブックに「韓国の警察には相変らず問題があるが、日帝の巡査の残滓が強く残っていた1954年の警察では絶対にない」と書いた。「理論的に『警察ファッショ』と『検察ファッショ』はどちらも危険だが、現在の権力は圧倒的に検察に集中している」として再び検察改革も強調した。これに先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も過去に警察の過ちに言及して「剣を差した日帝巡査」を遠回しに言ったこともある。過去の警察の存在がどれほど威嚇的だったかを示す断面だ。

警察庁は22日、国家捜査本部長に南球俊(ナム・グジュン)慶南(キョンナム)警察庁長官(54)を推薦した。警察法改正により、国家・自治・捜査警察のうち捜査を総括する席だ。国家捜査本部長は3万人を超える全国の捜査警察と共に18市・道の警察庁長官を総括指揮する。検察・警察捜査権の調整を通じて持つことになった1次捜査終結権を行使する試験台の首長役割も果たす。

現場では「強大な権力を持った恐竜警察」という話を歓迎はしない表情だ。警察官は「当然持つべきだった権限(捜査権)」としながらも負担に思う表情だ。これまで検察側に集中していた捜査権力に対する牽制(けんせい)が今は警察側に向かうことになるからだ。「われわれには検察のような力もなく、バックもない」という愚痴もこれ以上言えなくなった。

今月9日、釜山(プサン)では警察官がホテルの女性スタッフに「酒を一緒に飲もう」と言って騒動を起こして逮捕された。連日相次ぐ警察不正に耐えられなくなった陳正武(チン・ジョンム)釜山(プサン)警察庁長官が公職紀綱キャンペーンを行った翌日のことだった。これに先立って釜山では巡査が他人の車を盗んで飲酒運転をしたり、警察官3人が同時に飲酒運転をして捕まった。釜山だけではなく、全国警察の飲酒・わいろ・窃盗・性売買・賭博などの不正は、一つ一つ予測することすら難しいほどだ。

警察は市民と最も近いところで各種事件を処理するという点で検察と構造的に違う。勤務現場が国民生活と密着していて、警察が不正を犯せば市民が真っ先に被害を受ける。警察官の間で「われわれから変わらなければならない」という声が出てくる理由だ。もちろん「過去の政治権力や検察の指揮から抜け出して国民の表情だけ見ていれば良い民衆の杖になるだろう」という期待も大きい。

名実共に韓国最高の捜査機関になった警察に与えられた宿命はこうだ。過去の巡査のように市民の横に君臨するのか、国民を助ける杖になるのか。すでに賽(さい)は投げられた。

チェ・ギョンホ/ナショナル チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】韓国警察、日帝の巡査か民衆の杖か

    2021.02.25 11:00
    뉴스 메뉴 보기
    【コラム】韓国警察、日帝の巡査か民衆の杖か
    TOP