주요 기사 바로가기

藤田小百合「スターバックス門前払い」論争…「私のせい、直接訪問して謝罪」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.25 08:24
0
火災から避難するために訪れたスターバックスの店舗で入場を拒否されたと明らかにして論争を巻き起こした藤田小百合が「店舗やスタッフを考慮しないで自分の立場だけを考えて無礼な行動を取った」として謝った。藤田小百合は日本出身で、韓国でタレントとして活動している。

藤田は25日、インスタグラムを通じて「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)によって世界が厳しい時期を送っていて、きちんと守られなければならない原則があるのに、昨日(24日)私は非常に焦る気持ちのあまり大きな失敗を犯した」とし「無礼な行動を取ったことに対して、改めて謝罪申し上げる」と話した。

前日、藤田は住んでいるマンションの地下で火災が発生し、子どもと一緒に避難した理由をシェアした。藤田は建物を抜け出した後、火災規模を把握するためにマンションの向い側に位置したスターバックスに入ったが、携帯電話を持っていなかったため電子出入名簿(QRコード)認証ができず入場を拒否されたと明らかにした。

藤田は「唇が青くなった息子を見せながら、どうか少しの間でも室内にいさせてほしいと言ったが、最後までダメだと言われた」とし「他の店舗のように本人の人的事項を記入して入場を可能にしてくれればどれほど良かっただろうかと考えた」と綴った。

これに対し、スターバックスは「政府の防疫指針により、藤田さんにQRコードあるいは身分証確認後、手記名簿作成の部分を親切に案内した」とし「防疫指針を最大限遵守しようと努力した部分で、理解をお願いしたい」というコメントを出した。

論争が続くと、藤田はこの日「コロナのせいで小さな赤ちゃんを連れて病院に行くのが怖くなったが、避難所でもないスターバックスにしばらく留まろうとしたことは今考えても自分の考えが足りなかった」と頭を下げた。

藤田は「スターバックスに訪ねて行き、直接そのスタッフの方に謝って話をしてきた」とし「多くの方が未熟な私を叱ってくださって教えてくださり、本当に感謝する。より一層良い姿をお見せすることができるように頑張りたい」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    藤田小百合「スターバックス門前払い」論争…「私のせい、直接訪問して謝罪」

    2021.02.25 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    藤田小百合
    TOP