주요 기사 바로가기

アストラゼネカは8週間、ファイザーは3週間間隔で2回接種する理由は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 18:03
0
韓国での新型コロナウイルスワクチン接種が3日後に迫った。26日にアストラゼネカのワクチンから接種が始まる。全国の療養病院・療養施設の入所者と従事者らが対象だ。翌27日には新型コロナウイルス治療病院の医療陣を対象にファイザーのワクチン接種が続く。本格的なワクチン接種を控えて中央防疫対策本部が公開した「新型コロナウイルス予防接種指針」を通じ、接種時の注意事項などを整理してみた。

(1)アストラゼネカの8週間隔はどのように決まったのか

韓国でまず導入されるアストラゼネカとファイザーのワクチンはともに2回の接種を原則とする。防疫当局は、アストラゼネカは8週間、ファイザーは3週間間隔で接種する計画だ。これに先立ち、アストラゼネカの場合、英国で4~12週間隔で接種する条件で緊急使用承認が出された。韓国の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は接種間隔が長いほど免疫形成度が高まるという世界保健機関(WHO)の勧告事項に基づいて接種間隔を8週間と決めた。ファイザーのワクチンの場合は1回目の接種後3週間後に2回目を接種する。

(2)勧告より早く接種したなら

一般的に2回目の予防接種を基準時期より早く受けた場合、再接種を勧告しない。ただアストラゼネカのワクチンを接種した患者が最小接種間隔である21日より早く2回目の接種をしたとすれば、間違って接種した日から最小28日後に再接種しなければならない。ファイザーのワクチンの場合は再接種を勧告していない。これに対し2回目の接種を勧告より遅くした場合、1回目からやり直さず認知した時点でできるだけ早く2回目を接種する。

(3)他のワクチンと交差・追加接種は可能か

現在まで別の種類の新型コロナウイルスワクチンとの交差・追加・同時接種に対する安全性・有効性資料は出ていないため勧告しないという立場だ。

(4)感染者や症状がある人の場合は

新型コロナウイルス感染者や接触者に分類され隔離中の場合、隔離解除後に予防接種が可能だ。また、長期間新型コロナウイルス症状が持続したり衰弱した状態にあるならば予防接種を延期することを考慮しなければならない。これに対し新型コロナウイルスに感染して完治した人は予防接種を受けられる。ただ陽性判定を受けてから単一クローン抗体や血漿治療を受けた対象者の場合、最小90日以降の予防接種を勧告する。

(5)接種禁忌・除外対象者

以前に新型コロナウイルスワクチン接種後アナフィラキシー(重症アレルギー反応)発生歴があったり、新型コロナウイルスワクチン成分と関連してアナフィラキシー発生歴があれば接種してはならない。妊婦と18歳未満の小児・青少年の場合も安全性や有効性に対する臨床結果が出ていないため接種対象から除外された。

(6)接種を延期しなければならない場合

新型コロナウイルス感染が疑われたり隔離中の感染者との接触者を含め、37.5度以上の発熱など急性症状がある場合も症状がなくなる時まで接種を延期できる。

(7)慢性疾患者、免疫低下者、授乳婦も接種して良いのか

免疫低下者、授乳婦の場合、安全性と効能に対する具体的な資料がまだない。ただ韓国予防接種専門委員会は接種対象者の場合ワクチンを接種することを勧告する。慢性疾患者の場合、基礎疾患がない人と似た効果があると確認されたためクチンを打たなければならないと勧告している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP