주요 기사 바로가기

アマゾンウェブサービスが分析した5年後の韓国有望技術力は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 16:10
0
世界的なグローバルクラウド企業「アマゾンウェブサービス(AWS)」が今後5年間、韓国の労働者が備えなければならない技術力として人工知能(AI)とマシンラーニングを挙げた。

AWSは23日、「アジア太平洋地域デジタル潜在力報告:変化するデジタル技術需要と政策アプローチ法」という報告書の主要内容を公開した。AWSの依頼でコンサルティング企業アルファベータが作成した報告書は、韓国・オーストラリア・インド・インドネシア・日本・シンガポールの勤労者が使っているデジタル技術を分析し、今後5年後に注目される技術を予測した。

今回の報告書は韓国内デジタル労働者500人余りを対象にしたアンケート調査と技術専門家・ビジネスリーダー・政策立案者にインタビューした内容を基に作成された。

報告書によると、韓国は2025年までにデジタル労働者1560万人が追加で必要であることが予想された。これは従来よりも93%多い。

このうち向こう5年間、労働人口に含まれる現在の学生が占める比率は15%程度と分析され、デジタル力の育成が急がれることが指摘された。

韓国労働者が備えなければならない重要な技術力には人工知能(AI)とマシンラーニング(ML)が挙がった。

人工知能とマシンラーニングを通じてビッグデータを分析して、未来を予測する業務の重要性がますます大きくなるためだ。また、生産性向上のために複雑なデータを活用する場合も多くなっている。ウェブ、ソフトウェア、ゲームだけでなくクラウド基盤知能型アプリケーションの開発にも人工知能とマシンラーニング技術が適用される。

AWSコリア公共部門のユン・ジョンウォン代表は「AI知識と専門性を備えたクラウド専門家は大韓民国の経済成長を牽引(けんいん)する核心人材になるだろう」と話した。

AWSは無料講座と仮想教育セッションを通じてさまざまな無料教育機会を提供している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アマゾンウェブサービスが分析した5年後の韓国有望技術力は

    2021.02.23 16:10
    뉴스 메뉴 보기
    人工知能とマシンラーニングの活用が爆発的に増加する見通しだ。ソン・ボングン記者
    TOP