주요 기사 바로가기

申ヒョン秀民情首席秘書官が辞意を撤回、法務部長官は人事めぐり後退

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 15:07
0
韓国法務部が22日に発表した検察人事で、李盛潤(イ・ソンユン)ソウル中央地検長に反旗を翻した卞弼建(ビョン・ピルゴン)ソウル中央地検刑事1部長、月城(ウォルソン)原発1号機早期閉鎖疑惑など主要事件の捜査チームをすべて留任させた。尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の意見が大きく反映された結果だ。人事の流れの変化に決定的な役割をしたと評価される青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の申ヒョン秀(シン・ヒョンス)民情首席秘書官はこの日、事実上、辞意を撤回して青瓦台に復帰した。法務部はこの日、高検検事級(中間幹部)18人に対する人事を26日付で断行した。チャンネルA事件の捜査をした卞部長と月城原発事件捜査チーム長であるイ・サンヒョン大田(テジョン)地検刑事5部長らはすべて留任となった。卞部長は李盛潤地検長が韓東勲(ハン・ドンフン)検事長に対する「嫌疑なし」結論を裁可しないことに強く反発した人物だ。

法務部は当初、卞部長らを「ピンセット人事」で交代させ、尹総長の懲戒を主導した幹部は要職に送る内容の草案を用意した。こうした人事の直前に流れを変えた決定打は申ヒョン秀民情首席秘書官の辞意表明事態だった。このイシューが浮上すると、7日の検事長人事に関連して提起された朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官関連の疑惑も同時に浮き彫りになった。申首席秘書官を「パッシング」して検事長の人事発表を強行した事実、発表後に文在寅(ムン・ジェイン)大統領に事後裁可を受けたという疑惑などがそれだ。文大統領「パッシング」に対する責任を問う監察要求があったという疑惑まで提起された。このため朴長官も検察の意見を無視するのが難しくなったという見方が出ている。申首席秘書官の休暇期間に朴長官との水面下調整があり、人事が180度変わったのではという分析もある。

実際、青瓦台関係者は「休暇中にも申首席秘書官が検察の中間幹部の人事について協議し、検討も(法務部と)共にしたと把握している」と話した。朴長官もこの日、国会法制司法委員会で「中間幹部の人事について申首席秘書官と意思疎通をしたのか」という質問を受けると、「何度か会い、電話もした。私の判断では十分に意思疎通をしたと考える」と答えた。

この日の人事は検察の反発と否定的な世論を考慮した結果と分析される。これに先立ち尹総長は人事草案内容を確認した後、「検事長級の人事では業務の連続性を図ると言いながら重要な捜査や業務を主導してきた中間幹部を交代するというのは話にならない」と問題提起をしたと、法曹界の関係者らは伝えた。最高検察庁の趙南寬(チョ・ナムグァン)次長検事もこの日午前に開かれた検察人事委員会に出席し、「(法務部に)重要事件の捜査チーム、最高検察庁や中央地検の部長は現状態を維持し、任意的な『ピンセット人事』はしないよう強く要請した状態」と述べ、事実上公開的に法務部の草案に不満を吐露した。検察人事委員会でも外部委員を含む人事委員6人のうち4人が「ピンセット人事」に反対した。ある委員は「事実上すべての委員が反対する雰囲気だった」と伝えた。

今回の人事が尹総長の意中が大きく反映された結果で終結し、当分は朴長官と尹総長の間の葛藤は水面下に沈むとみられる。しかしいつでもまた浮上する可能性があるという見方も少なくない。

一方、申首席秘書官はこの日、4日間の休暇を終えて復帰し、自身の去就を文在寅大統領に一任したと、青瓦台が22日発表した。青瓦台の鄭萬昊(チョン・マンホ)国民疎通首席秘書官は「申首席秘書官が出勤し、『大統領に去就を一任し、最善を尽くして職務を遂行する』と伝えた」とし「この日午前のティータイム会議にも出席した」と説明した。

これに関連し、朴長官はこの日、国会で申首席秘書官の辞意表明の背景などに関する質問を受けると、「人事の過程を詳細に話すことはできない。青瓦台の発表を返答とする」という言葉を繰り返した。その一方で「私の頭の中で大統領の人事権を侵害するということは概念にもない」とし、大統領パッシング疑惑を事実上否認した。

これに対し野党第1党・国民の力の金度邑(キム・ドウプ)議員は「民情首席秘書官パッシング、大統領パッシング疑惑が国民的な関心事だが、法務部長官は『話せない』とばかり言う。これほど傲慢なことはない」と批判した。一方、白恵蓮(ペク・ヘリョン)共に民主党議員は「朴長官が大統領の裁可なく人事発表をしたという疑惑と、申首席秘書官が朴長官の監察を要求したという疑惑について、青瓦台はこの日、事実でないと釈明した」とし「青瓦台の発表を返答にするという言葉に問題はない」と朴長官を擁護した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    申ヒョン秀民情首席秘書官が辞意を撤回、法務部長官は人事めぐり後退

    2021.02.23 15:07
    뉴스 메뉴 보기
    朴範界(パク・ボムゲ)法務部長官(右)が22日、国会法制司法委員会全体会議で法務部関係者と話している。この日の会議では検察人事の「手続き」問題に関する質問が続いた。 オ・ジョンテク記者
    TOP