주요 기사 바로가기

文大統領「第4次災難支援金を3月に執行」 給付時期を繰り上げ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 09:53
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日、第4次災難支援金について「3月中には執行が始まるよう速度を出すことを望む」と述べた。文大統領はこの日の青瓦台首席秘書官・補佐官会議で「第4次災難支援金は被害階層の支援と低所得脆弱階層の保護、雇用危機の克服などのため死角地帯を最小化し、最大限に幅広くて厚く支援されるようにする」とし、このように明らかにした。

文大統領の「3月執行」指示は従来の災難支援金給付時期を早めるという意味がある。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)関係者は19日、与党・共に民主党指導部との懇談会が終わった後、災難支援金の給付日程について「3月の給付を目標にする」と明らかにしたが、これを「3月編成」に訂正した。

文大統領は災難支援金の迅速な執行を指示しながら「政府は補正予算を迅速に編成し、国会の協調を求める」とし「包容の土台があってこそ経済の回復と飛躍に弾みがつく」と述べた。

文大統領はすでに第4次災難支援金以降、全国民を対象にした支援金給付も指示した状態だ。「国民全員が頑張ろうというレベルで国民を慰労し、同時に消費も振興させる目的の支援金が必要だ」としながらだ。文大統領はこの日の会議でも「悪条件の中でも家計の所得はすべての分位で増えた」とし「政府の積極的な政策対応で移転所得が増加したため」と話した。続いて「今後も政府は財政の積極的な役割をより一層強化していく」と語った。

文大統領が国民慰労金の給付に言及したことを受け、野党第1党・国民の力の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長は非常対策委員会の会議で「国家負債問題を心配しながらばらまき財政による浪費を話すのは何が根拠なのか」とし「文大統領が正常に戻って合理的な思考で話すことを望む」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「第4次災難支援金を3月に執行」 給付時期を繰り上げ

    2021.02.23 09:53
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP