주요 기사 바로가기

イラン「韓国側と凍結資産の移転に合意」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.23 07:32
0
イラン政府が韓国政府と韓国内の凍結資金の移転・使用について合意を終えたと明らかにした。

イラン政府は22日(現地時間)、公式ホームページを通じて凍結資産の使用に関して韓国と合意したと明らかにした。イラン国営IRNA通信も、イラン中央銀行のヘンマティー総裁が前日、テヘランの韓国大使館でユ・ジョンヒョン大使に会い、韓国国内凍結資産の使用方法について合意したと報じた。

イラン政府によると、双方は前日の会談で、韓国内のイラン凍結資産をイランが希望するところに移転することに合意したいう。イラン中央銀行は韓国側に移転の規模と目的地の銀行を通知することにした。

IRNA通信は、ユ大使がイラン側に「韓国政府は韓国にあるイランのすべての資産を解決するために必要なすべての措置を取る準備ができていて、ここにはいかなる限界、制約もない」と明らかにした、と伝えた。

これに対しヘンマティー総裁は「イランは他国の態度の変化と協力強化を歓迎する」としながらも「中央銀行は、韓国の銀行がこの数年間、イランとの協力を拒否したことについて補償を要求するための法的手続きを続ける」と答えたという。

イランは2010年、イラン中央銀行の名義でIBK企業銀行とウリィ銀行に韓国ウォンの口座を開設し、この口座を通じて原油輸出代金を受けてきた。現在、韓国で凍結したイランの資金は70億ドル(約7210億円)と推算される。しかし2018年から米国政府がイラン中央銀行を制裁リストに含め、イラン側の韓国の口座を通じた取引も中断した状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イラン「韓国側と凍結資産の移転に合意」

    2021.02.23 07:32
    뉴스 메뉴 보기
    21日、韓国大使館で会談したユ・ジョンヒョン駐イラン大使とヘムマティ・イラン中央銀行総裁。 [写真 イラン政府]
    TOP