주요 기사 바로가기

国家安保戦略研「1年間姿を見せなかった李雪主氏、出産の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.18 15:40
0
韓国国家情報院傘下の国家安保戦略研究院が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長夫人の李雪主(イ・ソルジュ)氏が過去1年間ほど姿を現さなかったのは「出産」のためと分析する資料を出した。

戦略研究院は18日に配布した「今日の北朝鮮報道」資料で、「李雪主氏が1年1カ月ぶりに登場したのは出産があったためとみられる」と明らかにした。戦略研究院は「最高尊厳の夫人が一般人と同じ姿(妊娠)を見せることを警戒し、秘密も守ろうとしたと考えられる」と説明した。しかし解釈の根拠や背景については詳しく記述されなかった。

これに先立ち北朝鮮メディアは17日、金正恩委員長と李雪主氏が16日に平壌(ピョンヤン)万寿台芸術劇場で、金正日(キム・ジョンイル)総書記誕生日(光明星節)記念公演を観覧したと報じた。李雪主氏が公開的な席に登場したのは、昨年1月25日に三池淵(サムジヨン)劇場で旧正月記念公演を観覧して以来となる。

国家情報院は16日の国会情報委員会で、李氏が公式的な場にしばらく現れなかったことに関する質問に対し、「特異な動向はなく、子どもたちとよく遊んでいる」とし「コロナ防疫問題などのため登場しないようだ」と説明していた。

戦略研究院は資料について「脱北研究者が関連研究を支援しようと個別に作成した資料であり、研究院の公式的な立場でない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP