주요 기사 바로가기

日米防衛費協定1年延長、日本負担は現行水準を維持

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.18 06:48
0
日本政府の2021会計年度(2021年4月~2022年3月)の在日米軍の負担(思いやり予算)が昨年より1.2%増えた2017億円に決定された。事実上、現行水準で1年延長することで合意したわけだ。

共同通信によると、岸信夫防衛相は17日、日本と米国がこのような水準で防衛費特別協定を1年延長することで合意したと明らかにした。日本政府の昨年基準で在日米軍の負担金は1993億円だった。

日米防衛費特別協定は5年ごとに更新する。当初、期限が3月までとなっており、日米は昨年11月から負担金の実務交渉に入った。だが、日本側の負担金を大幅に増額してほしいと要求してきたドナルド・トランプ前米大統領の退任が確実になるにつれ、日本側は米国の政権交代以降に合意を先送りした。

その後、先月27日茂木敏充外相はアントニー・ブリンケン米国務長官に防衛費協定を1年延長する方針を提案し、米国がこれを受け入れた。今回の合意で日本と米国は2022年度から今後5年間適用される新しい負担金に関する協議を再び進める。

茂木外相はこの日「バイデン米政権発足後の早いタイミングで合意に至ることができた」と話した。

韓国と米国も在韓米軍の防衛費負担問題をめぐって合意に近付いたとCNNが11日、報じた。両国は韓国の防衛費負担金を既存より13%引き上げする案に合意する可能性が大きいとCNNは消息筋を引用して伝えた。最終合意には韓国の国防予算の義務的な拡大と韓国が米国の軍事装備を購入すと両側が理解するという内容が盛り込まれる可能性があると消息筋が明らかにした。消息筋は最終合意が数週内にまとまる可能性があると観測した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP