주요 기사 바로가기

ワクチン確保に遅れをとった韓国、接種開始もOECD加盟国37カ国の中で最下位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.16 07:28
0
韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国37カ国の中で最も遅く新型肺炎ワクチンの接種を始める国になるものとみられる。初期のワクチン確保で遅れをとり、接種時点も遅れたわけだ。

アワー・ワールド・イン・データなど国際統計サイトと外信によると、OECD37カ国の中ですでに新型肺炎ワクチンの接種に入った国は32カ国に達する。まだ接種を始めていない国は韓国、ニュージーランド、オーストラリア、日本、コロンビアなど5カ国だ。

残りの5カ国は今月接種を始める予定だと明らかにしたが、時点を比較すると韓国が最も遅い。15日、疾病管理庁は26日アストラゼネカ製ワクチンで国内初めての接種を始めると発表した。このワクチンは高齢層に対する有効性をめぐり論議を呼んでおり、まず65歳未満の療養病院・療養施設入所者や従事者が接種する。

これに先立ち、日本は17日、ニュージーランドとコロンビアは20日、オーストラリアは22日新型肺炎ワクチンの接種を始める予定だ。4カ国いずれもファイザー製ワクチンで初めて接種に入る。

専門家は早期にワクチンを確保できなかったのが接種時点を遅らせた主な原因だと指摘した。昨年末を基準に人口数比ワクチン確保量はOECD37カ国の中で34位と最下位圏だった。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院のキム・ウジュ教授は「新型肺炎ワクチンの先行購入に遅れをとったため、接種時期や確保したワクチンの質的・量的側面で全部遅れをとることになった」とし「接種開始が遅れ、早期に有効性が高いファイザー・モデルナ製ワクチンを確保することができず、接種開始を65歳未満から行うことで初期接種者も減ることになった」と指摘した。

ワクチン接種時点が遅れた5カ国の中でニュージーランドとオーストラリアは新型肺炎の防疫状況が比較的に安定的だ。

20日(現地時間)接種を始めるニュージーランドには15日、ファイザー製ワクチンが一回目に6万回分が入ってきた。ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相はこの日「全国民が打っても余るほど十分なワクチン物量を注文している」とし「今後引き続きワクチンが入ってくることになるだろう」と述べた。

ニュージーランドは新型肺炎が全世界で蔓延する中、感染者が顕著に少なく「コロナ清浄国」と言われた。Worldometerの集計によると、最近3日間一日感染者が2人ずつ発生した。人口約482万人であるニュージーランドは累積感染者2336人、累積死亡者25人だ。

15日、AP通信によると、この日オーストラリアにもファイザー製ワクチン14万2000回分が到着した。オーストラリアは22日一番初めて医療従事者を対象に接種に着手する。新型肺炎ワクチンに対する国民の信頼を高めるためにスコット・モリソン首相も率先してワクチンを接種する計画だとAP通信は伝えた。オーストラリアも最近一日10人前後の感染者が発生するほど新型肺炎の状況は安定的だ。

日本当局は14日、ファイザー製ワクチンの使用を承認した。これを受け、17日から医療従事者を中心にワクチン接種が始まる。ロイター通信によると、コロンビアは新型肺炎ワクチンの接種を2月20日から始める。感染者をケアする医療スタッフが最優先接種対象だ。

最後に、韓国は26日から療養病院・療養施設入所者や従事者の中で65歳未満である約27万人にアストラゼネカ製ワクチンの接種を始める。

ワクチンの共同購入の枠組み「コバックスファシリティ(COVAX facility)」を通じて入ってくるファイザー製ワクチンは早ければ今月末から翌月初めごろに導入され、医療関係者に接種する予定だと当局は明らかにした。

ブルームバーグの集計によると、現在全世界77カ国(OECD32カ国を含む)で新型肺炎ワクチンの接種が進められている。今までこの国ではワクチン計1億7300万回分以上が投与され、一日平均接種回数は約600万回だ。

問題はワクチン供給が遅れたうえに接種速度も当初各国の計画より遅れているということだ。

キム・ウジュ教授は「早期にワクチンを確保した国々も物量が足りない状況なので先に始めた国々との接種格差を追いつくのに限界がある可能性がある」とし、「政府が発表した計画通りに接種を推進することも困難が生じるのではないか懸念される」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ワクチン確保に遅れをとった韓国、接種開始もOECD加盟国37カ国の中で最下位

    2021.02.16 07:28
    뉴스 메뉴 보기
    ワクチン
    TOP