주요 기사 바로가기

「朝鮮人が井戸に毒を入れた」 日本で地震後SNSに広がったデマ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.16 07:26
0
今月13日、福島県沖でマグニチュード(M)7.3の地震が発生してから、ソーシャルメディアで「朝鮮人あるいは黒人が井戸に毒を入れた」という人種差別性のデマが広がったと毎日新聞が報じた。

14日、同紙は「福島県と宮城県で震度6強を記録した地震をめぐっては、またも差別的な発言やデマ、不確実な情報がツイッターやユーチューブなどで飛び交った」とし「災害のたびに同じような現象は起きている」と伝えた。

実際、13日夜の地震発生直後、ツイッターには「朝鮮人が福島の井戸に毒を入れているのを見ました!」という投稿があった。あるネットユーザーは「在日コリアンの方々からすればたまったものではない、関東大震災を想起させる最低最悪の差別煽動が見られた」と批判した。憎悪犯罪を懸念する声も出てきた。

1923年9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「朝鮮人が放火する」というデマが広がり、朝鮮人数千人が虐殺された事件を思い出させるという指摘だ。

現在、問題のツイートを投稿したアカウントは削除された状態だ。

同紙は「1923年の関東大震災では『朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ』『暴動を起こした』などのデマが流れたが、それをまねたとみられる」としながら「当時に比べ、今は情報の広がるスピードが桁違いに速い」と懸念した。

また同紙は、日本では大規模な自然災害が発生するたびに人々の不安が極に達してデマがが簡単に広がっているとし、今回の地震が「安倍晋三前首相が起こした人工地震」「今回は千葉県市原市の臨海部で爆発が起きた」というデマに言及した。同紙はこの2つのデマはどちらも事実ではないと付け加えた。

あわせてこうしたデマに対処するためには、不確実な情報に接したらすぐに拡散せず、メディアが報じるのを待つか、ソーシャルメディア運営社側に通報するように助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「朝鮮人が井戸に毒を入れた」 日本で地震後SNSに広がったデマ

    2021.02.16 07:26
    뉴스 메뉴 보기
    14日午後、福島県桑折町で、ある住民が地震で倒壊した家を見ている。この家には20年前から人が住んでいないため、地震によるけが人はなかった。ユン・ソルヨン特派員
    TOP