주요 기사 바로가기

福島沖でM7.1の強震…東京など83万世帯で大規模停電

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.14 08:50
0
13日午後11時8分ごろ、日本の福島県近海でマグニチュード7.1と推定される強い地震が発生した。

日本気象庁によると震源は福島県近海の北緯37.7度東経141.8度付近で、震源の深さは約60キロメートルと推定される。

この地震により福島県の一部地域と宮城県で最大震度6強の揺れが数十秒間続いた。現地住民らは食卓に置かれた携帯電話が床に落ちるほど強い振動を感じたと伝えた。

首都東京でも震度4の強い揺れが感知された。

日本気象庁は今回の地震による津波の懸念はないと明らかにした。東京電力は福島第1原発の被害状況を調査中だ。

今回の地震により東京と首都圏、福島県など1都8県で83万世帯が停電になった。新幹線の一部とJR在来線の一部が運行を見合わせた。

日本政府は首相官邸に対策室を設置し人命被害などを確認中だ。地震発生当時外部にいた菅義偉首相は地震発生から約20分後に首相官邸に入った。

NHKは通常の番組編成を中断し地震特報体制に転換した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP