주요 기사 바로가기

「女性蔑視」森会長が辞任…後任に「セクハラ疑惑」橋本五輪担当相が浮上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.13 10:42
0
「女性が多い理事会は時間がかかる」などの発言で物議をかもした東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、辞任した。3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で女性蔑視発言をしてから9日後だ。後任には橋本聖子五輪担当相(56)が浮上していると、日本メディアは伝えた。

12日午前まで森会長の後任に決定したと伝えられていた川淵三郎元日本サッカー協会会長(84)はこの日午後、後任要請を辞退した。会長選任手続き問題および過去の発言などで批判が続き、指名前に辞退を決めたのだ。

森会長は12日午後、東京で開かれた組織委理事・評議員合同懇談会で「きょうをもって会長を辞任しようと思う。大事なことはオリンピックをきちんと7月に開催することであり、開催するための準備に私が妨げになることはあってはいけない」と述べた。続いて「私の不適切な発言が原因で混乱を招いてしまった。多くの皆さまにご迷惑をかけたことを申し訳なく思う」と頭を下げた。

国際オリンピック委員会(IOC)は森会長の辞意表明後、これを受け入れるという声明を発表した。問題は後任の選定だ。川淵氏が辞退したことで後任者指名は白紙になった状況だ。組織委は森会長の後任を選定する委員会を構成し、会長交代の正式手続きに入ることにした。

共同通信は森会長の後任に橋本五輪担当相が浮上していると伝えた。1964年生まれの橋本担当相はスピードスケートとサイクリングで冬季五輪に4回、夏季五輪に2回出場した選手出身の閣僚。

しかし橋本担当相も参院議員だった2014年にセクハラ疑惑が浮上した。当時、日本スケート連盟会長を務めていた橋本氏はソチ冬季五輪の閉会式後、選手村のパーティーで人気フィギュアスケート選手の高橋大輔を強制的に抱きしめてキスをする姿が週刊誌に公開され、非難を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP