주요 기사 바로가기

「コロナストレス」のアイロニー…中国が最も少なく韓国が最も多かった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.02.10 07:45
0
韓国が全世界で新型肺炎によるストレスを最も多く受けていることが明らかになった。このため、韓国のウェルビイーング(体と心の安らぎと幸せを追求する態度)水準は世界10カ国の中で9位となった。

ヨガウェアで有名なカナダのスポーツウェアブランド「ルルレモン」は9日、グローバル・ウェルビーイング報告書を発表した。米国調査会社エデルマン・インテリジェンスと協業して10カ国の1万人余りを対象に昨年11~12月オンライン質問調査を実施した結果だ。ウェルビーイングは肉体的・精神的・社会的など3つの側面で調査された。

ルルレモンによると、韓国のウェルビイーング指数は62で平均値(65)より低かった。ウェルビイーング指数が最も高い国は中国で79だった。フランス(67)とシンガポール(66)はそれぞれ2位と3位に選ばれた。また、米国(65)、カナダ(65)、オーストラリア(65)、ドイツ(63)、英国(62)、日本(60)の順だった。

多くの国でウェルビイーングを脅かす最も大きな要素は新型肺炎パンデミックだった。特に、韓国人は新型肺炎がウェルビイーングの障害という回答が70%となり、全世界の平均値(51%)を大きく上回った。

未来に対する見通しも暗い。今後未来を肯定的に見通すという回答は40%で1年前(59%)に比べて減少した。特に、韓国人の肯定的な未来展望の割合は1年前45%から28%に減った。

全世代の中で最もウェルビイーング水準が低いのはZ世代(1990年代中盤~2000年代初期に生まれた世代)ということが分かった。Z世代のウェルビイーング指数は62だった。また、ミレニアル世代(64)、ベビーブーマー世代(68)、高齢層(71)などとなり、若い世代であるほどウェルビイーング指数が低かった。Z世代の92%はストレスが多く、経済力・知識・資源などが不足してウェルビイーングを維持しにくいと答えた。ルルレモン側は「年齢の小さい世代であるほど新型肺炎への対処により大きな困難を経験している」と分析した。

ルルレモン最高経営者(CEO)のカルバン・マクドナルド氏は「昨年から発生したパンデミックは全世界の人々の身体的・精神的・社会的ウェルビイーングに前例のない困難をもたらした」とし「今回の研究が私たちが属した共同体のウェルビイーングを支援するための努力を加速化するだろう」と期待を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「コロナストレス」のアイロニー…中国が最も少なく韓国が最も多かった

    2021.02.10 07:45
    뉴스 메뉴 보기
    ヨガウェアブランド「ルルレモン」によると、、新型肺炎の拡散でグローバル・ウェルビイーング指数は下落した。[写真 ルルレモン]
    TOP